扇風機のホコリ、ひと拭きで「扇風機ブラシ」お役立ちグッズ

扇風機を使い始めると気になるのが、カバーや羽根についてしまうホコリだ。特にカバーの細かい網についてしまったホコリは、取りにくいのでいつも苦労している。そこでコジット(大阪市)の「扇風機ブラシ」を使ってみた。

ブラシの繊維は細かいがコシがあり、びっしりと密集している。扇風機カバーの細い網をひと拭きしたところ、真っ黒いホコリがたくさん取れていた。羽根や本体も、ひと拭きするだけでキレイになる。

ホコリが大量に溜まっているような箇所は、先に掃除機等でサッと取り除いてから拭くと、下にホコリが落ちたり、飛び散ることがない。扇風機の他にも、エアコン、換気扇、ファンヒーター、ゲーム機の裏側などにも使える。取っ手にはヒモが付いているので、使いやすい場所に引っ掛けておけば、気になった時にすぐに掃除できる。

使い終わったブラシにはたくさんホコリが付着するが、丸洗いできる。ブラシの繊維が細かいので、すぐに乾き、何度も使えて便利だ。

(ライター 石井 和美)

▽価格=626円
▽材質=ポリプロピレンほか
▽サイズ=5×27センチ
▽取扱店=アイデア.com(楽天市場)など。問い合わせはコジット(電話06・6532・8140)

[日経プラスワン2014年7月19日付]

注目記事