愛情・信頼ホルモン「オキシトシン」の多彩な働きスキンシップで促進、心身に安らぎ

親密な関係であれば、やはり肌と肌の触れ合いが最も代表的な方法だ。父親も子供とじかに触れ合えば互いにオキシトシンが作られ、つながりを深められるという。逆に親に虐待を受けた子供は一般に、オキシトシンを作る量が少ないことが知られている。

■自閉症治療も研究

これに似ているのがペットとの触れ合いだ。ペットの種類や面倒をどの程度まで見るかによって違いはあるが、生き物と接する触覚はオキシトシンを作り出す刺激になる。

気分が高揚する程度のランニングを超えた激しい運動でオキシトシンが作られる。強いストレスから心身を守るために出ている可能性もあり、この場合のオキシトシンの役割は不明な点が多い。

バラやかんきつ系の香りをかいだ時にオキシトシンが作られるという研究や、湯船につかった時に出るという報告もある。因果関係や作用の仕組みなどに検証すべき点が多く、科学的に広く認められていないが、何かつながりがありそうだとみられている。

一方、医学研究として、オキシトシンを自閉症治療に生かす試みが出てきた。東京大学や金沢大学などのグループが、点鼻スプレーによる投与で、人とうまく意思疎通ができなかった人たちの症状を改善できないか研究している。

発作的に大暴れする男子生徒は投与後、自制できるようになった。かんしゃくを起こしやすかった女子生徒の場合、情緒が安定し自傷行為が減った。こうした事例を見てきた金沢大の東田陽博特任教授は「オキシトシンはさび付いた歯車を回るようにする潤滑油のようだ」と例える。

継続的な調査によって、長期利用の安全性や適切な投与量などの課題にもメドはつきそう。近い将来、実用化できる見通しが開けてきた。

(編集委員 永田好生)

ひとくちガイド
《本》
◆生体内での機能や効果などを分かりやすく解説
「オキシトシン」(シャスティン・ウヴネース・モベリ著、瀬尾智子、谷垣暁美訳、晶文社)
《インターネット》
◆子供の自閉症の改善に向けた研究状況を紹介
金沢大学「オキシトシンの広場」(http://kodomokokoro.w3.kanazawa-u.ac.jp/menu_01/05.html

[日本経済新聞朝刊2014年7月13日付]

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント