抽出時の湯量がカギ 薫り高いコーヒー、自宅でも

温かくておいしいコーヒーが恋しい季節になった。インスタント商品は便利だが、コーヒー豆や粉で入れる方法もコツをつかめば簡単にでき、店で飲むような1杯を自宅でも楽しめる。平日は慌ただしくても、週末にゆったりした気持ちでコーヒーを楽しむぜいたくを手に入れよう。
コーヒーの入れ方のコツを教わる参加者(東京都中央区のタリーズコーヒー東京駅八重洲地下街店)=写真 編集委員 塩田信義

「同じコーヒー豆なのに、湯の注ぎ方でここまで味が変わるなんて」と目を丸くするのは会社員の栗原彩香さん(34)。会社帰り、タリーズコーヒー東京駅八重洲地下街店が開くコーヒースクールに参加した。1日5杯飲むが、粉をフィルターでろ過して入れるペーパードリップは初体験だ。

タリーズコーヒージャパン(東京都新宿区)は全国の店舗でコーヒーについて学べる講座を開く。豆の知識、基本的な入れ方、エスプレッソマシンの使い方など3つのコースがあり、2時間2000円で学べる。

講座を担当するチーフコーヒーアドバイザーの田代洋介さんは「初心者におすすめなのはペーパードリップ。入れ方の基本を押さえれば、自宅でも香り豊かな1杯ができます」と話す。に必要な道具をまとめた。初期投資も少ないので、気軽に始められる。

ペーパードリップで入れる際、大きなポイントになるのは抽出のときに注ぐ湯の量だ。湯量は細く一定にしたいので、注ぎ口が細いポットを用意するとよい。

抽出時はフィルターの中心にドーム状の泡を作るように円を描きながら入れる。フィルターには湯をかけない。湯がコーヒー粉を通らず直接サーバーに落ちて、味にムラができるからだ。

注ぐときの湯量について、プロ向けのコーヒー教室カフェズ・キッチン(東京都目黒区)を主催する富田佐奈栄さんは「湯が粉に当たって泡立つ際、ピチャピチャ音がしたら湯の線が細すぎる。徐々に湯量を増やし、音がなくなったときが適度な太さ」と助言する。

次のページ
酸味・渋み 自分好みに