「自分の一冊」ネットでお手軽出版 印刷でも安く

いつか自分の本を出せたら――。そんな願いをかなえる「自己出版」のためのインターネットサービスが広がっている。費用は電子書籍なら原則無料、紙の印刷物にする場合でも1回5000円程度だ。文章執筆の後はタブレット(多機能携帯端末)などの画面上で文書や写真のレイアウトを組めば完成する。秋の夜長に本作りに没頭するのも楽しそうだ。
タブレットがあればどこでも書籍の執筆から出版までができる

「自分の旅行記が沢木耕太郎の『深夜特急』と並んで売られているなんて」。会社員の吉田顕一さん(40)は昨年12月、アマゾンジャパン(東京・目黒)の「キンドル・ダイレクト・パブリッシング(KDP)」を使って出版を始めた。学生時代の海外旅行記やトライアスロン大会の体験談など電子書籍にまとめ、現在は10冊をアマゾンの電子書店で販売している。

■印税を取材資金に

KDPは著者が原稿を執筆し、書籍データをアマゾンに送付。価格や配信する国、言語などを選ぶと48時間以内に発売する仕組みだ。吉田さんはブログなどで書きためていた記事を電子書籍向けに加工し、出版している。「驚くほど簡単。最初の1冊は夜にスターバックスで作業して、翌日昼には本になっていた」と振り返る。

KDPの出版費用は無料。本の価格は99円以上から自由に決めることができ、本が売れると価格の35%か70%が印税として著者の銀行口座に振り込まれる。吉田さんは7冊を99~100円(印税率35%)、3冊を250円(同70%)で販売したところ、多い時は月1万~2万円の収益をあげたという。出版活動はあくまでも趣味の範囲内にとどめ、売り上げは新作を書くための旅行資金に充てている。

アマゾンはKDPの国内サービスを昨年10月に始めた。販売実績は明らかにしていないが、ダイエット本や投資術などの実用書が多いという。友田雄介キンドルコンテンツ事業部長は「売り上げを伸ばすには発売してから最初のひと押しが重要」と話す。例えば上下巻の場合は上巻の価格を安くするといった工夫で購入者を増やす。

電子書籍ではなく、紙の印刷物として出版したい人にはデザインエッグ(大阪府東大阪市)の「MyISBN」がおすすめだ。著者が原稿データをネットで送ってアマゾンで販売する仕組みだが、消費者の注文を受けてから本として印刷し、郵送する点が新しい。利用料は1回の発行当たり4980円。販売額の10%を印税として著者に振り込む。デザインエッグの佐田幸宏社長は「技術書や教科書などは作業や勉強をしながらページをめくるため、電子書籍より紙のほうが向いている」と話す。

MONO TRENDY連載記事一覧