MONO TRENDY

デジタルライフ

“専属コーチ”が指導 水泳上達のお役立ちアプリ

2013/6/28 日本経済新聞 夕刊

「ドーバー海峡を泳ぎ切る」。アプリ上で、こんな疑似体験ができるものもある。sabitori worksの「Swim Note」では、泳いだ距離を記録し続けると、累計の距離が地図と連動して表示される。ドーバー海峡や地中海など、横断する地点は地図から自由に設定できる。わかりやすい目標ができるので、楽しみながら続けることができるかもしれない。運動不足の解消や健康管理に取り組みたいが、挫折が心配――。そんな人にはよさそうだ。

■子ども用に初歩から

泳ぎ始めの子ども用のアプリもある。レイシスソフトウエアーサービス(大阪市)の「できたよ!水泳」では、顔を水につける練習など初歩的なことから丁寧に動画が教えてくれる。有料コンテンツではクロールや背泳ぎ、ターンの仕方など少し難しい技術まで学べる。

親にとっては、子どもの水泳が上達するだけではない。アプリを使って手取り足取り指導すれば、親子の間のコミュニケーションを深めるきっかけにもなりそうだ。

より本格的な映像もアプリで手に入る。一般社団法人日本マスターズ水泳協会(東京・千代田)が監修してつくったアプリ「エンジョイスイミング」では、ソウルオリンピック100メートル背泳ぎの金メダリスト、鈴木大地氏ら歴代の日本を代表する競泳選手がビデオで熱血指導してくれる。水中カメラで撮影したダイナミックな映像を見ることができるだけでなく、効果的な陸上トレーニングやマッサージのやり方など、体のケアまでしっかりと気を配る。

水泳は年齢を重ねても続けられる生涯スポーツ。得意な人も苦手な人もこの夏、自分に合ったアプリで泳ぎに磨きをかけたり、親子の絆を強めたりしてはいかがだろうか。泳ぎの新たな楽しさを発見できるかもしれない。

(経済部 宮崎真)

[日本経済新聞夕刊2013年6月27日付]

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
NTTドコモが店頭の看板から「ドコモ」を消したワケ
日経クロストレンド
日本初「カチッと鳴る」歯ブラシ ライオンが開発
日経クロストレンド
日本電産・永守重信会長 最後の大仕事は大学
日経クロストレンド
30代前半で世帯年収1000万超 好きなブランドは?
ALL CHANNEL