ぽっこりお腹の引き締め、アプリがお助け通勤中や仕事の合間に

「夏までにあと5センチメートル、ウエストを引き締めたい」――。夏の水着の季節を前に、こんな焦りを感じ始めている人もいるのではないか。体重を落とすのも一苦労だが、なかなか手ごわいのが“ぽっこりおなか”のサイズダウンだ。そんな悩みの解決を手助けするスマートフォン(スマホ)用のアプリ(応用ソフト)が注目を集めている。いつも手元にあるスマホを使い、通勤や仕事の合間にシェイプアップにいそしむ利用者がじわじわと増えている。

「これならいつでもどこでも楽しく『ドローイン』ができる。いろんなダイエット法を試みたが、今のところこれがいちばん続いている」。東京都内の会社員、岡田文昭さん(仮名、44)がはまっているのが、米アップルのスマホ「iPhone(アイフォーン)」向けアプリ「お腹痩せドローイン」だ。この春から始めて「ウエストが3センチメートル引っ込んだ」と喜ぶ。

■「ドローイン」人気

腹部をへこませることでダイエットの効果を狙ったアプリ「お腹痩せドローイン」

ドローインは英語で「内側に引く」という意味の動作だ。きついズボンをはくような感じでおなかをへこませ、その状態を30秒程度保つ。これにより内臓を支える腹横筋が鍛えられ、腹囲減少に役立つとされる。1日20~30回ずつ取り組んだ結果、腹囲が4~5センチメートル減ったという体験談も珍しくない。

「お腹痩せドローイン」はドローインの手法を図解で解説しながら、適切な方法で実行するためのアドバイスをする。スマホでアプリを起動してメニューを選択すると、推奨するドローインの手法の説明画面が出てくる。次のタイマー画面でスタート・ボタンを押すと、息を吸ったり吐いたりしながらおなかをへこませる動作が指示される。シンプルなアニメーション画面だが、スマホ画面を見ながら実行すると、不思議とやる気が湧いてくる。価格は85円。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧