やせ形・高身長はご用心 気胸、肺に穴あき息苦しく再発しにくい手術、注目

肺に穴が開いて胸の中に空気が漏れだし、息苦しさを感じる「自然気胸」は20代前後の背の高いやせ形の男性に多く起きる。ブラと呼ばれる風船のような病変が破裂するのが原因で、年間1万人以上が手術を受けている。再発しやすいとされてきたが、ブラを切除した肺の表面に網を張る「カバーリング法」などの登場で再発率が低く抑えられるようになってきた。

東京都の20代の男性は2007年、背中や肩の痛みで整形外科を受診した。原因がわからず様子を見ていたところ、3日後、階段の途中で息切れして、動けなくなった。

循環器内科でレントゲンを見た医者が気胸と診断。すぐに脇腹からチューブを刺し、たまった空気を抜いた。空気漏れが止まらず、5日後に手術したが、その後も2カ月間で2度にわたって再発した。

若い男性に多く

自然気胸は15~25歳くらいまでに起こりやすく、成長過程で肺と体の発育バランスが崩れてブラが発生すると考えられている。ブラは高身長でやせ形の人にできやすい。男女比は9対1で男性に多い。

発症すると、息苦しさに加え、胸や肩、背中などに痛みが生じる場合がある。昭和大病院(東京・品川)呼吸器外科の片岡大輔医師は「胸が苦しい時、高齢者は心臓を、若い男性は気胸をまず疑うべきだ」と指摘する。気胸かどうかはレントゲンを撮るとわかる。白く写るはずの肺が写っていなかったり、片側だけ小さかったりする。

肺の縮み具合が鎖骨にかかるくらいの軽度の場合、逆流防止機能のある携帯用のチューブを肋骨の間から刺して漏れた空気を抜き、自宅療養で経過を観察する。穴が自然に閉じて空気漏れが収まれば、手術はしなくて済む。医者によってはチューブを刺さずに経過を診ることもある。

手術をするのは、出血があったり両肺が同時に気胸になったりして漏れた空気が他の臓器を圧迫しているようなケース。破れたブラの周囲には他のブラが群生していることが多く、再発防止目的で手術することもある。空気を抜いた後、空気漏れが3~4日以上続くときも手術が必要だ。

ダイビングは危険

脇腹に3カ所穴を開けて胸腔鏡で手術する=昭和大学病院提供

手術は全身麻酔で脇腹に穴を3カ所開け、胸腔(きょうくう)鏡でブラを切除してホチキスのような針で止めるのが一般的。術後の再発率は10%前後で、切除した周辺にブラが新しくできることが原因とみられる。再発の8割は半年以内に起きている。

以前は再発を防ぐため、薬剤を使って肺の表面と、肺が収まっている外側の膜を癒着させることが多かった。だが将来、心臓や食道などの治療で開胸手術が必要になった場合、癒着をはがす必要があり、手術時間が長くなって出血が多くなるリスクがある。このため、最近では癒着をさせない手術が主流となっている。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
次のページ
女性で胸が痛い場合は… 子宮内膜症の疑いも
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント