囲碁・将棋、スマホのアプリで手軽にルール習得から対局・観戦まで

囲碁や将棋を気軽に楽しむことができるスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)のアプリ(応用ソフト)が増えてきた。詰め碁や詰め将棋など基本を学べるものから、インターネットを通じて遠くの相手と対局できるものまで様々だ。スマホなら、どこにでも持ち運びしやすい。秋の夜長、日本の伝統的な室内ゲームで頭の体操をしてみてはいかがだろうか。

スマートフォンのアプリで碁を気軽に楽しむ機会が広がった(東京都千代田区)

「囲碁を始めたいけど、ルールが分からない」――。初心者向けに日本棋院(東京・千代田)が提供するアプリが「詰碁マスター」(アイフォーン用)だ。碁盤と碁石をスマホ画面に表示、全体図から局所部分まで自由に拡大や縮小が可能だ。初級だけでなく、上級まで幅広い囲碁問題が用意してあり、順番に解いていくことで自然に知識を身につけられる。

東京都豊島区の会社員、新里明良さん(27)は、通勤中の電車内や昼休みなどに利用。「正解が提示され、理解しやすい。腕が上がって以前より先が読めるようになった気がする」と評価する。これまで囲碁の本を持ち歩いて勉強をしていたが、アプリを使うことでより気軽に取り組めるようになったという。

■新しい問題を毎日

基本を学ぶならまず、こうした詰め碁のアプリが便利だ。将棋でも多くそろっており、ken1の「将棋アプリ 将皇」は詰め将棋風の実戦問題を解ける。毎日更新しており、常に新しい問題を楽しむことができる。

基本的な打ち方を学んだら、次はスマホとの対局だ。シルバースタージャパン(岐阜県大垣市)の「銀星囲碁」(アイフォーンとアンドロイドに対応)は、初段から最上級まで4段階までアプリ側の実力を選んで対局ができる。棋譜を途中で保存する機能もついており、対局が長引いても安心できる。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧