MONO TRENDY

デジタルライフ

電子書籍で私も作家デビュー 個人向け出版サービス広がる

2012/8/24 日本経済新聞 夕刊

誰もが作家気分に――。インターネットを通じて個人がオリジナル作品を電子書籍として出版できるサービスが広がっている。表現やテーマに関係なく、電子書籍専用端末やスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)で読める作品が簡単に作成できる。出版社に持ち込んでの書籍化は難しいが自分の作品を読んでくれる人はきっといるはず。そんな思いをかなえるサービスだ。

■ブログ作成感覚で

個人がオリジナルの作品を簡単な操作で電子書籍にできる

「通常の漫画では認められない技法を使えるのが魅力です」。東京都大田区の高田頌子さん(27)は、事務の仕事のかたわらpaperboy&co.(ペイパーボーイ&コー、東京・渋谷、佐藤健太郎社長)が提供する電子書籍作成・販売サイト「パブー」を使って漫画を執筆している。

パブーは2010年にスタート。現在読者を合わせて約5万人が利用する。誰でも無料で執筆でき、サイト上で電子書籍用のファイル形式に自動変換して販売できる。小説や絵本、漫画、写真集など集まった作品は2万6000以上。高田さんは5作品を刊行、3万5000件ダウンロードされたものもある。

高田さんの漫画の特徴は鉛筆の線を生かした温かみのある絵柄。通常の漫画作品で刷り上がりを鮮明にするために必要な、下書きの線をインクでひき直す工程を省いている。高田さんは「漫画制作が未経験な私でも自由に表現できることが楽しい」と話す。

作品ができあがれば公開するのは簡単。タイトルや概要などを設定するとページが自動で作成され、ブログを作るのと同じような感覚でテキストデータや画像を挿入していく。

販売価格も自分で決められるが、パブーではトラブルを避けるために無料~3000円で設定。価格の70%が作者の収入になる仕組みだ。ただ、全作品の約7割は無料で公開されており「たくさんの人に読んでもらうことを目的にしている人が大半」(ペイパーボーイ&コー専務の吉田健吾氏)のようだ。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
「定額制サービスの先駆者」に大打撃 米国からの教
日経クロストレンド
月の小遣い7万円超 30代後半女性×高年収の経済力
日経クロストレンド
眼鏡の定額制サービスも開始 月2100円で3本交換可
日経クロストレンド
30年越しの夢 ナイキ「スマート靴」の衝撃
ALL CHANNEL