誤ったケアは逆効果 赤ちゃんの肌、夏の暑さに要注意

汗びっしょりになり、ひりひりしたり、汗ものためにかゆみを感じたりしてついついかきむしってしまう――。夏はこんな繰り返しで肌を傷めることが多い。表皮が薄くデリケートな赤ちゃんはなおさらだ。健康な肌を保つには温度調整、清潔さなどに加えて、バランスのとれた食事も大切になる。親子ともに暑い夏にこそ注意したい、肌のケアのポイントをまとめた。

愛育病院(東京・港)皮膚科の山本一哉部長は「子どもの肌が赤くなった」と心配顔の母親に連れられてやってくる赤ちゃんを見て驚くことが多い。夏でも冷えを気にしてレッグウオーマーを着け、しっかりと服に身を包んでいるからだ。

■手足の先は冷たく

赤ちゃんは代謝活動が活発で体温が高いため、汗をどんどん出して熱を逃そうとしている。レッグウオーマーなどで覆うと熱がこもり、汗もができやすくなる。「手足の先が冷たいくらいがちょうどよい。赤ちゃんがいる場合はエアコンの使用を控えるべきでない」(同部長)

赤ちゃんの肌はとてもデリケートだ。表皮の厚さは大人の半分の0.1ミリメートル程度しかない。もっとも外側の皮脂やその下の角層には細菌やほこりが入るのを防ぐ「バリアー機能」がある。角層内のセラミドと呼ばれる脂質や保湿成分が汗などと一緒に流れると、同機能は失われる。

短時間、湯につかっただけでもこうした成分は流出するので、風呂の後はしっかりと保湿用ローションを塗る必要がある。バリアー機能が失われると細菌などが入って炎症を起こすことがある。ひっかくと「飛び火」が起き、症状が悪化する。

一晩寝たあとの赤ちゃんは汗やよだれ、鼻水、涙などが顔や手足に付いている。起きたら柔らかいウエットシートなどを使って、印鑑をしっかりと押すときの要領で力を加えて汚れをとる。こすったりぬぐったりするとすぐに表皮が壊れるので注意が必要だ。こうしておけば汗もの広がりを防げる。

「生まれた直後の手入れ次第で、のちのちの皮膚の状態が決まる」と山本部長は強調する。出生後2カ月間ほどは皮脂が多いとの誤解があるが、実際には24時間以内にとれて乾燥が始まるため保湿用ローションなどによるケアが大切。初期のケアを徹底すれば、アトピー性皮膚炎にもなりにくくなるという。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント