健康・医療

病気・医療

よく寝たのに眠くてたまらない 「過眠症」の恐れも

2012/2/18 日本経済新聞 夕刊

 夜間にきちんと睡眠をとっているのに、日中に耐えられないほど眠くなる。こんな症状が表れたら「過眠症」かもしれない。この病気は生命に直接関わらないが、患者の生活の質を大きく下げる。学校や職場などで周囲から誤解を受けることもある。睡眠不足の人が過眠症だと思い込んでいるケースも少なくないため、睡眠の専門医などを早めに受診することが大切だ。

 過眠症は十分な睡眠時間を確保しているはずなのに、昼間の仕事や授業の最中に耐え難いほどの眠気に襲われたり、ぼんやりしたりする。病気は大きく4種類に分けられる。代表的なのが「ナルコレプシー」だ。

詳しい仕組み不明

 ナルコレプシーは強い眠気に襲われるのが特徴だ。例えば、会社の会議でプレゼンテーションをしながら眠ってしまったり、高校・大学の入学試験の最中に眠ってしまったりするほど。発症は10代に多く、国内患者は推計で約20万人に達するが、実際に治療を受けているのは数千人といわれている。発症には遺伝や神経伝達物質、ストレスなどが影響すると考えられているが、詳しい仕組みはよく分かっていない。

健康・医療

ALL CHANNEL