惑わされない…「口コミサイト」の上手な活用法

ネット上にある様々な口コミ情報サイト。お金と手間をかけずに調べられるうえ、広告とは違い「利用者の本音が聞ける」と頼りにする人も多い。ただ、飲食店の口コミサイト「食べログ」でやらせ投稿が発覚するなど信頼性を疑う声も出ている。膨大な情報に惑わされない上手な利用法を専門家に聞いた。

口コミサイトを選ぶ際、どの分野でも投稿数と参照件数の多いところは情報量が豊富で使いやすい。大きなサイトには賛否両論の口コミがあり、バランスもとれている場合が多い。サイトの大小にかかわらず、運営会社の住所や連絡先、口コミ投稿の基準が明記されていることが信頼性の目安となるだろう。

◇            ◇

広告と口コミの区別がはっきりしていることも大切だ。口コミサイト運営企業などが参加するWOMマーケティング協議会(WOMJ、東京都港区)では、企業がブロガーやネット利用者に依頼して、強制的に商品を紹介させているケースは広告に当たると定めている。依頼の内容が書き込みに明記してあるかどうかチェックしよう。

サイトの見方で一番重要なのは総合評価の点数やランキングだけで判断しないことだ。総合評価は性別や年齢、嗜好が異なる人々の意見が集約されたもの。仮に高評価を得ていても、自分に合うとは限らない。

点数のつけ方もサイトごとにバラバラだ。単純に集計した評価の平均点を出すサイトもあれば、食べログのように「口コミ投稿数や投稿者ごとの影響度などを加味して独自に算出している」(運営会社のカカクコム)ところもある。

WOMJのガイドライン作成に携わったブロガーの藤代裕之さんは「全体評価の点数はあくまで参考にとどめ、過度な期待をかけないように」と注意を呼びかける。

MONO TRENDY連載記事一覧