ヘルスUP

病気・医療

あごの痛みはパソコンが原因かも…「顎関節症」に注意

2012/2/9 日本経済新聞 プラスワン

一生のあいだに日本人の2人に1人が経験するともいわれる顎(がく)関節症。「あごが痛い」「口が大きく開けられない」といった症状に思い当たる人もいるかもしれない。以前は歯のかみ合わせが原因と考えられていたが、最近では生活習慣が発症の原因という考え方が主流になってきた。顎関節症になりやすい生活習慣を見直すことで、症状を緩和したり、予防したりできるという。

歯のかみ合わせや歯並びが顎関節症の原因と考えられていた頃は、歯を削ったり、マウスピースを使ったりして理想的なかみ合わせにする治療が一般的だった。しかし、こうした治療をしても、目立った効果が得られないことが多く、患者への負担も大きいことが分かってきた。このため顎関節症の要因になる癖を直す生活指導や、筋肉や関節のトレーニングによって症状を改善する治療法が採用されるようになってきた。

あごへの負担大きい パソコン操作

顎関節症とはいっても、痛みの出ている場所は顎関節そのものではなく、実際にはあごの回りの筋肉に痛みが生じている場合が多い。あご回りの筋肉に負担をかけるような生活習慣が顎関節症を引き起こしているからだ。ほおづえをついたり、寝転がって本を読んだりすることの多い人は、知らないうちにあご周りの筋肉に負担を与えているので要注意だ。

東京医科歯科大学の木野孔司准教授は「この十数年で顎関節症の新規患者数が増えたのは、パソコンが普及したことが原因の一つ」と見る。鉛筆やペンで文字を書いていた頃は、手が疲れるので数十分ごとに休憩していたが、パソコンでは数時間同じ姿勢でいてもあまり苦にならないからだ。特に下あごを前に突き出すような姿勢で画面を見る癖のある人は、あごへの負担が大きくなりやすい。定期的に休憩を取り、軽く体を動かすなどして、筋肉をほぐすようにするといい。

また、「上下の歯が接触する癖(TCH)はあごの筋肉に負担をかけ、顎関節症の要因になる」(木野准教授)という。リラックスした状態で唇を軽く閉じている時、上下の歯は接触せず、隙間が空いているのが通常の状態。唇を閉じた時にどこかの歯が触れている人は、TCHの可能性が高い。上下の歯が接触していると、あごの筋肉が常に緊張した状態になり、あごの回りの血流が悪くなって痛みが出やすくなるという。

ヘルスUP 新着記事

ALL CHANNEL