進む がんの個別治療 遺伝子検査で適薬投与

患者のがん組織の遺伝子を調べて患者ごとに適した薬を選ぶ個別化治療が進んできた。特にがんだけを狙い撃ちする分子標的薬と呼ばれる抗がん剤の標的部分のタイプが患者によって異なるケースで効果を上げている。薬が効きにくい患者に使わないことで副作用を軽減し、不必要な治療費も減らせるが、遺伝子検査で「薬が合わない」結果に不安を持つ患者のケアなど新たな懸念も浮上している。

肺がんの遺伝子検査をする埼玉医科大の研究室

「イレッサが効くタイプとわかってほっとした」。埼玉県に住む会社員の男性(54)はこう振り返る。昨年8月に受けた人間ドックで肺に水がたまっていることがわかり、精密検査を受けた結果、肺がんと診断された。主治医に勧められ、がん細胞の遺伝子検査を受け、イレッサが効く、EGFRというたんぱく質をつくる遺伝子に変化があるタイプとわかった。

9月から服用し始め、10月からは仕事にも復帰。副作用は口内炎程度でほとんど気にならないという。定期的な検査では今のところ転移もなく、肺がん自体も小康状態を保っている。

イレッサは、肺がんのがん細胞の表面にあるEGFRだけにくっつく分子標的薬のひとつで、EGFRのがんを増殖させる働きを抑える。肺がん患者の中で、EGFRをつくる遺伝子が少し変化し、より強力にがん細胞を増やすタイプに、イレッサは効果が高い。日本人では肺がんの8割を占める非小細胞肺がんの約30%が該当する。

学会が指針改定

日本肺癌(がん)学会は2010年秋に、進行して手術が難しい肺がん患者では、遺伝子検査をしてEGFRに変化がある場合にイレッサを初期の治療から使うことを推奨するよう治療指針を改定。現在、切除できないまたは再発した非小細胞肺がん患者の8割が遺伝子検査を受けていると推定している。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント