肺炎球菌・ヒブ用ワクチン、乳幼児向け接種再開専門家「同時も問題なし」

同時接種後の死亡例が続き一時的に見合わせていた、髄膜炎などを防ぐ2種類の乳幼児向けワクチン接種が4月1日から再開した。専門家が「直接的な因果関係は認められない」と判断した結果だが、「本当に安全なのか」と不安を抱える母親もいる。国などの補助で接種できるようになったばかりだけに、専門家は「ワクチンを正しく理解して」と呼びかけている。

ワクチンの安全性について緊急に検討した厚労省の3月の会合

接種が再開したのはヒブ(ヘモフィルスインフルエンザ菌b型)と、肺炎球菌の感染を予防する2種類の乳幼児向けワクチンだ。乳幼児の細菌性髄膜炎の6割はヒブ、3割は肺炎球菌が原因で、死亡率は約5%、3割は聴覚障害など重い後遺症を残すこともある。

費用補助で増える

東京都武蔵野市の30代の母親は生後8カ月の娘の「2回目以降の接種をどうしようか」と悩んでいる。1月中旬に同市が公費補助の対象としたため2月下旬にヒブと肺炎球菌のワクチンをかかりつけ医で同時接種した。副作用もなく、1カ月後に2回目を受けるつもりでいたが、その前に接種が見合わせになってしまった。4月から再開したものの、「大丈夫だろうか」と不安を抱えているという。

厚生労働省が3月4日に一時的に接種見合わせを決めたのは、両ワクチンを接種した乳幼児の死亡例が相次ぎ報告されたからだ。

例えば2月28日に両ワクチンを接種した兵庫県宝塚市の2歳男児は翌日にうつぶせ状態で死亡。3月1日には肺炎球菌用と他の混合ワクチンを同時接種した同県西宮市の1歳女児も接種後に高熱を出し、翌日昼寝中に亡くなるなど、死亡との関連を疑われた乳幼児は7人に上った。

ヒブ用は2008年12月から、肺炎球菌用も昨年2月から国内で販売しており、問題となる副作用は確認されていなかった。そのため疑われたのが両ワクチンや他のワクチンとの「同時接種」の影響だった。

厚労省が予防接種を積極的に実施している医療機関に緊急調査したところ、回答のあった866医療機関でヒブ用は88.0%、肺炎球菌用は75.4%が他のワクチンと同時接種だったという。このうち最も多いのは両ワクチンの同時接種で、半数強を占めた。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント