スマートフォン、3つの節約術

東日本大震災では家族の安否確認にインターネット上のメールサービスや「ツイッター」などの交流サイトが活躍した。これらのサービスを簡単に使えるスマートフォン(高機能携帯電話)の購入を検討している人が増えている。スマートフォンを利用しながら通信料金を割安にする3つの節約術をまとめた。

(1)2年で乗り換え

「インターネットの強さを実感し、スマートフォンの購入を決めた」。千葉県に住む会社員Aさんは震災後、携帯電話をスマートフォンに買い替えた。地震直後、利用が集中し携帯電話のメールや電話がしにくくなったが、グーグルが運営する無料メールサービスや「ツイッター」は問題なく情報のやり取りができた。スマートフォンの新機種は通常5万~6万円ほどするが、同じ価格の従来型携帯と比べると、初めの2年間はスマートフォンの方がお得だという。

携帯各社はスマートフォンへの買い替えを促すため、一定のサービスへの加入などを条件に、購入時に月々の料金から一定金額を割り引く制度を設けている。NTTドコモは「月々サポート」、KDDI(au)は「毎月割」、ソフトバンクは「月月割」と呼んでいる。図Aは、4月時点で一括購入時の価格帯がほぼ同水準だったドコモのスマートフォン「ギャラクシーS」と従来型の携帯電話「F―01C」のおおよその年間支払額を表した例だ(無料超過分の通話料は含まず)。端末価格は東京都内の大手家電量販店の販売価格で試算した。

ネット閲覧などのデータ通信を利用料の上限まで使った場合、料金は従来型よりスマートフォンの方が高い。ただ「ギャラクシーS」を購入すると月々サポートで24カ月間、一定額が割り引かれる。図Aのように他社携帯から番号をそのままで機種変更する「ナンバーポータビリティー」で乗り換えた場合、4月時点では月々1232円が割り引かれ、年間だと2年目まではスマートフォンの方が従来型携帯より安く済む。つまり2年間使って他社製品に乗り換えると通信料を節約できる。

ドコモとauの制度は新規契約や同一会社内の機種変更より他社への乗り換えの方が一般に割引額が大きい。普通、乗り換えの際メールアドレスの変更が手間だが、スマートフォンはインターネットメールも使えるので、他社に機種変更しても同じアドレスの利用が可能だ。