がん最先端機器で早期発見がん検診(中)

より早期のがんを見つけるには最先端機器を使った個人検診が効果的といわれる。人間ドックのように自分で申し込み、費用は数万円から10万円以上かかる。ただ、見つかりにくいがんもあり、医療機関によって検診結果のばらつきも多い。個人検診のメリットとデメリットを正しく知っておこう。
日本医科大学健診医療センターはPETとCTを組み合わせたがん検診を行っている

都内の建設会社に勤める寺嶋重樹さん(62)は、50歳代後半から、ほぼ2年おきに、日本医科大学健診医療センターで陽電子放射断層撮影装置(PET)とコンピューター断層撮影装置(CT)を組み合わせたがん検診を受けている。1回十数万円かかるが、家族をがんで失った経験もある寺嶋さんは「がんがなければ安心。あったとしても早期の段階で見つけて対処したい」と受診の動機を話す。

同センターでは、検診後、なんら問題がなくても大学病院でがん治療に携わる専門の医師に詳しく説明を聞くことが可能。がんの疑いがあれば、大学病院での精密検査を紹介する。寺嶋さんは「フォロー体制もしっかりしているかどうかで施設を選んだ」と満足そうだ。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント