糖尿病の可能性も こむら返り、続く時は注意

運動中、脚がつる経験をした人は少なくないだろう。ごくありふれた症状である「こむら返り」だが、繰り返し起こす場合には、病気が潜んでいることもある。急にこむら返りを起こすようになった、週に何度も起こす、就寝中などの安静時にも繰り返す――。そんな場合は、注意が必要だ。

「数カ月前、就寝中の明け方にこむら返りを起こしたのが始まりだった。特に運動をした覚えもなく不思議に思うだけだったが、度々繰り返すようになった。通勤中にも脚がつったため病院に行くと、糖尿病だと言われた」。会社員の管野康佳さん(仮名・47歳)は病気がわかった経緯をこのように話す。

大半は心配なし

こむら返りとは、痛みを伴う筋肉の痙攣(けいれん)のこと。主にふくらはぎである腓腹筋(ひふくきん)で起きることが多い。運動時や運動後、就寝中などに起こりやすく、多くの人が経験するなじみ深い症状だ。大半は脱水などによる一過性のもので、病気と無関係で心配ない。しかし、管野さんのように、繰り返す場合には、思わぬ病気のサインの場合があるので注意してほしい。

実は、こむら返りがどのようなメカニズムで起こるのか、よくわかっていない。しかし、「筋肉自体に原因があって起こる場合と、筋肉につながる神経が原因の場合とに分けられる」と、慶応義塾大学客員教授で、糖尿病に詳しい、東京都済生会渋谷診療所の松岡健平医師は説明する。

例えば、運動時に起こるこむら返りは、筋肉の疲労や、発汗などによる脱水で血液中の電解質のバランスが崩れ、筋肉自体の過敏性が高まって痙攣するものだ。冷えなどの血行障害で筋肉に老廃物がたまり、十分な栄養を補給できないことも引き金となる。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント