ヘルスUP

病気・医療

若者に忍び寄る味覚障害

2010/11/24 日本経済新聞 夕刊

味覚検査キット。ろ紙(右上)に様々な味の水溶液(右下)を染み込ませて舌に載せ、カード(左)に書かれた味を指さす

異常を感じたら、一度専門医の診察を受けるようにする。近くに味覚の専門医がいなければ、口腔外科や耳鼻咽喉科、歯科で相談すれば紹介してもらえる。

味覚障害を予防するには、普段の生活での心がけが大切だ。JR東京総合病院耳鼻咽喉科の原誠部長は「基本的なことだが、好き嫌いなく何でも食べることが一番の予防法」と話す。味覚障害の患者に、グルメ本を手に取り、様々なレストランをまわるのを勧めることもあるという。

口の中を清潔に保つことも大切だ。口の中や歯がきれいな人は、味覚障害にもなりにくい。ただ、舌苔の処理は注意がいる。味覚障害の原因になるとはいえ、間違った方法だとかえって味細胞を傷めてしまう。専用の舌ブラシなどを使い、時々掃除する程度にとどめよう。

年をとると食事が最大の楽しみという人は多い。原部長は「だからこそ、年をとっても味覚を保てるように、若いうちから気をつけてほしい」と話す。

(柏原康宏)

[日本経済新聞夕刊2010年11月19日付]

ヘルスUP 新着記事

ALL CHANNEL