若者に忍び寄る味覚障害

中高年に多かった味覚障害が、若い世代にも広がっている。偏った食生活、唾液(だえき)が少なくなるドライマウス、精神的なストレスなど原因は様々だ。食事が生活の楽しみの一つという人は多く、味が分からなくなるのはつらい。異常を感じたら、症状がひどくなる前に専門医に相談しよう。

味がしない…

舌の上に試験紙を載せて味覚を検査する(東京・練馬の冨田耳鼻咽喉科医院)

横浜市に住む大学院生、大野亮平さん(25、仮名)は2年ほど前から味覚に異常を感じ始めた。「コーヒーに入れる砂糖の量が増えた」のが最初の自覚症状。甘みを感じにくくなり、その後、塩味も徐々にわからなくなった。「薄味の和食はほとんど味がしない」といい、次第に食欲もなくなってしまったという。

「味覚障害はかつては中高年の女性に多かったが、このところは若い患者も増えてきている」。こう指摘するのは、冨田耳鼻咽喉(いんこう)科医院(東京・練馬)の冨田寛院長だ。「患者総数も増えており、もはや国民病だ」と危機感を募らせる。

2003年の日本口腔(こうくう)・咽頭科学会の調査によれば、毎年24万人の味覚障害患者が発生しているという。

冨田院長は「若者の味覚障害は主に、偏った食生活が原因」とみる。舌の上にあり味を感じる働きを持つ「味細胞」を保つには、微量金属の亜鉛が必須。不足すると、味細胞の機能が落ちて味を感じにくくなる。

また、ファストフードやインスタント食品には、亜鉛に結合して吸収を妨げる食品添加物のポリリン酸ナトリウムやフィチン酸などが含まれるものも多い。

大野さんも、一番の原因と疑われたのは亜鉛不足だった。一人暮らしでファストフードなどを食べる機会が多かったという。さらに、精神科で処方されていた抗うつ剤の副作用でも味覚障害が起きていた。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント