足の巻きづめ、放置で歩行困難も

手のつめに比べて足のつめはふだん目に触れることが少ないだけに、無関心になりがちだ。つめが巻いて皮膚に食い込む状態になっていたら要注意。ひどくなると炎症の痛みで歩けなくなることもあり、高齢者の場合は転倒骨折の原因にもなりかねない。予防にはつめの切り方と靴の選び方がポイントになる。

患者の7割女性

形状記憶合金のワイヤを使い、巻いたつめを平らに矯正(東京医科歯科大・高山講師提供)

つめが巻いて皮膚に炎症が起きるほどの状態を「陥入爪(かんにゅうそう)」と呼ぶ。名前こそ聞き慣れないが、程度が軽いものも含めれば日本人の10人に1人が陥入爪があるともいわれる。足に合わない靴を履き続けたり、深づめをしたりすると起きやすい。特に足の親指に多い。若い人から高齢者まで幅広く見られ、患者の約7割が女性だという。

都内に住む久保敬子さん(79、仮名)は約4年前から、両足の親指のつめが徐々に巻き始めた。つめの端が皮膚に食い込んで赤く腫れ、「痛みで歩くのもつらい」状況に。足の上にまな板を落としてケガをしたのがきっかけだったが、もともと先の細い靴を履いており、普段からつま先に負担がかかっていたことも原因だったようだ。

久保さんは高田馬場病院(東京・豊島)の整形外科を受診し、形状記憶合金のワイヤを使ったつめの矯正を始めた。また、先の細い靴は捨て、余裕のある靴を履くようにした。矯正を始めるとすぐにつま先の痛みはなくなり、数カ月でつめも平らに戻った。今では「以前のように元気に歩けるようになった」という。

巻きづめや陥入爪になると、普通の人に比べて下肢の力が弱くなる。特に高齢者だとつまずきや転倒を起こしやすく、寝たきりの原因にもなりかねない。

糖尿病の人も注意が必要だ。指先の血行が悪く、痛みも感じにくいため、気づかないうちに炎症が進行してしまう。細菌感染にも弱く、最悪の場合は指が壊死(えし)することもある。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント