目の周りの「くま」は血行促進で改善 顔や首筋をマッサージ

目の回りがどんよりと暗く見えるくま。実年齢より老けた印象を与えたり、疲れて見えたりするので何とかしたいという人は多い。くまを完全になくすことは難しいが、マッサージや運動などである程度改善できるので、気になる人は試してみてはどうだろう。

くまがあると印象はどう変わるのか。ポーラはパソコンで作成した24歳の女性の合成顔と、同じ合成顔にくまを加えた顔をふたつ並べて印象の違いを男女30人に聞いた。その結果「実年齢よりも15歳も老けた印象になった」(ポーラ商品企画部課長の菅千帆子さん)。

くまとは何なのか。資生堂スキンケア研究開発センター主任研究員の舛田勇二さんは「くまの原因は目の回りの毛細血管のうっ血と色素沈着」と話す。うっ血とは毛細血管の中で血液が「渋滞」している状態。同社が約60人の女性を対象に目の回りの皮膚の状態を調べたところ「くまがある人はない人に比べ、目の回りの血流が遅いことが分かった」と舛田さん。

血液は毛細血管を流れる間に運んできた酸素を周りの細胞組織に送り込む。血流がスムーズだと酸素を持つ血液が常に流れ込んでくるが、渋滞を起こしていると、とどまっている間に酸素を使い果たしてしまう。酸素を手放した後の血液は鮮やかな赤色から暗い赤に変化するため、血流が滞っていると皮膚の色が暗く見えてしまうのだという。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント