共働きの小6ママ 「塾弁当」作りの悩み出張調理サービスの活用も

都市部では5人に1人の小学生が中学受験をする時代。夜遅くまで塾で勉強する小さな受験生の陰には、せっせと「塾弁当」作りに励む母親の存在がある。ただ働くママの中には、手間がかかる塾弁当作りで憂鬱になる人も。特に、塾で弁当を食べる頻度が増える小学6年生の母親にとって「小6の壁」ともいえる悩みになっている。

「正直、弁当作りは得意じゃないけれど」。東京都内の会社員、佐藤沙織さん(仮名、46)は週4日、早朝に娘の弁当を作る。大手進学塾に通う娘は2月、新小6のクラスに進級。帰宅が午後9時すぎになる日に、塾で弁当を食べる。

メニュー選び悩む

ただでさえ忙しい出勤前なのに、塾弁当を作る朝は台所にいる時間が20分増えた。メニューにも悪戦苦闘。豚バラ肉のおかずを作ったが、冷めると肉の脂肪が白く固まり「自分で言うのも何だが、まずかった」。塾では作りたての弁当を塾に届ける専業主婦もいる。「比較して娘が落ち込んだらかわいそう」。思いは募るが、冷めても美味で腐らないメニューは、などと考えるだけで憂鬱になるという。

働くママが直面する仕事と育児の両立への壁。小学校入学後、放課後の預け先に悩む「小1の壁」、多くの学童保育の受け入れが終わる「小4の壁」が知られるが、塾弁当をはじめ中学受験への支援が求められる「小6の壁」の存在もささやかれている。

栄光ホールディングスによると、2月の私立・国立中学と公立中高一貫校の受験(検)者数は、首都圏1都3県で約6万2000人(3月5日現在、速報値)。小6の約20%で、割合は前年とほぼ同じだ。

塾の授業は午後5~9時ごろ。午後6時台に休憩時間があることが多く、弁当持参派が大半を占めるとみられる。

ウィズグループ代表の奥田さんは塾弁当の写真をフェイスブックに載せている

「つるかめ算を教えるのは無理。でも弁当なら作れる」。4月に小6になる娘を持つ都内の秘書、加藤真美さん(仮名、45)はどんなに多忙でも塾弁当作りは欠かさない。仕事を言い訳に手を抜いた結果、子どもが体を壊したら困る――。そんな恐れもある。

とはいえ「両立が大変なら受験をやめれば」との外野の声も気になり、弱音も吐きにくい。ストレスを減らすにはどうしたらよいか。「先輩ママ」に知恵があった。

作った塾弁当は200個以上――。IT(情報技術)関連の大規模会議の企画・運営を担うウィズグループ(東京・港)の代表取締役、奥田浩美さん(49)は、中2の娘が受験準備をした小4から6年の間、塾弁当を作り続けた。

多忙で平日は娘と夕食を食べられない。その分、塾弁当で「娘への愛情を表現したかった」。とはいえ、朝も時間がないため「10分でできる」メニューを考案。巻きずしでは手間がかかるかんぴょうは却下。包装を開けてすぐ使えるカニかまぼことキュウリを挟むなど、時短を重視した。

次のページ
親子の良い思い出