エンタメ!

裏読みWAVE

男性名の流行は1字→2字、誠から大輔へ 編集委員 小林明

2013/5/10

表1は明治安田生命保険が1912年から2012年まで101年間の男性名人気ランキングの1位の変遷を年ごとに調べたものである。

■「1字」から「2字」へシフト

すぐに気が付くのは、名前が「1字」から「2字」へ大きくシフトしていること。「1字」の名前に丸印をつけてみると一目瞭然だ。

年号に由来した「正一」「正二」「正三」「昭二」「昭三」などの例外を除くと、1970年代まで男子名の王道は「清」→「勇」・「勝」→「博」・「茂」→「誠」と圧倒的に「1字」が多かった。

流れが変わったのは1979年に「大輔」が1位に浮上してから。

「達也」「拓也」「健太」なども含めて、流行の王道は「大輔」→「翔太」→「大輝」→「大翔」と「2字」が圧倒的に多くなる(ただ、最近は「蓮」なども流行しており、新たな変化が起きつつある兆しかもしれない)。

■「誠」と「大輔」に“大きな溝”

試しに、皆さんの身の回りを見渡してほしい。

大きく年代別に分けると、60歳代は「博」「茂」、40~50歳代は「誠」、30歳代は「大輔」、20歳代は「翔太」という名前がよく目立つのではなかろうか?

そして名前のトレンドという視点からすると、40~50歳代の「誠」世代と30歳代の「大輔」世代との間には「1字」から「2字」へという“大きな溝”があるわけだ。

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL