WOMAN SMART

ライフスタイル

女性名から「子」が消えたワケ? 明美が分岐点 編集委員 小林明

2013/4/26

表1は明治安田生命保険が明治45年・大正1年(1912年)から平成24年(2012年)までの女性名人気ランキングの1位の変遷をまとめたものである。「子」が付く名前に丸印を付けてみると、女性名の“子離れ”が進んだプロセスが一目瞭然だ。

「~子」という名前は、昭和50年代前半(1970年代後半)までは圧倒的に多かった。だが、それ以降はほとんど見られなくなる。

一体、何が起きたのだろうか?

■“子離れ”は「明美」がきっかけ

変化の先駆けになったのが昭和40年(1965年)に首位に立った「明美」だった。

これがきっかけとなり、女性名のトレンドが大きく変わったといえる。「美」が付く名前がジワジワと勢力を伸ばしたのだ。つまり、「明美」に続いて「直美」「絵美」「恵」などの人気が高まり、「~子」という名前を劣勢に追いやったというわけ。

そして、昭和57年(1982年)の「裕子」を最後に「子」が付く名前が首位を占めることはなくなる。

■「愛」がだめ押し、「~子」は姿消す

「明美」がきっかけとなり、女性名の“子離れ”が進み、トレンドは「明美」「直美」「絵美」などにシフト。さらに「愛」の黄金時代がだめ押しとなって、「~子」はランキングから姿を消すということになる。

「美咲」の時代や「さくら」「陽菜」の時代になっても、「子」が付く名前が復活する兆しは見られない。

実に大きな変貌ぶりだ。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
暗闇ボクシング爆速成長 経営者は20代塚田姉妹
日経DUAL
中学受験からの撤退 挫折感を持たせない方法は?
日経ARIA
マレーシアに7年住み知った 移住に向く人、向かな
日経doors
読者9割「メンターが必要」 欲しいアドバイスは?
ALL CHANNEL