馬券で有り金はたいた西郷従道と黒田清隆

戸山競馬場跡には、小さなプレートがあった。奥にあるのが早稲田大学

競馬といえば馬券。明治初期の競馬では、馬券はどうしていたのだろうか。

外国人が主催していた横浜・根岸では馬券の発売が認められていた。しかし東京では公式な馬券はなかったという。馬券発行は賭博罪として取り締まられた。このため根岸以外の競馬場は経営的に行き詰まり、いずれも短命に終わった。

とはいえ、非公式には馬券があったらしい。前出の『文明開化に馬券は舞う』によると、1879年(明治12年)にグラント将軍を迎えて戸山競馬場で行われた競馬の際、西郷従道と黒田清隆、グラント大佐(将軍の息子)の3人が熱心に賭けをしている様子が記録に残っているという。このとき3人は最終レースの前に有り金をすべてはたいてしまい、最後の賭けが成立しなかった、とある。

馬券禁止の流れが変わるのは明治後期になってから。契機となったのは日清・日露戦争だ。

日清・日露戦争後に空前の競馬バブル

2つの戦争で日本の軍馬が欧米に比べて大きく劣っていると痛感した明治政府は、1906年(明治39年)に「馬匹改良計画」を立てる。品種改良や訓練法の見直しなどを急いだ。そのための資金源として目をつけたのが、競馬だった。

馬券解禁は日本中に競馬ブームを巻き起こす。1906年から07年にかけて、全国で数多くの競馬場が誕生したのだ。東京では池上、板橋、目黒。このほかでは新潟、松戸、川崎、藤枝、京都、大阪、小倉、宮崎などで新たな競馬法人が生まれた。

日比谷公園に今も残る「馬の水飲み場」

全国各地で競馬は人気を博した。東京では池上や目黒で1万人を超える集客を記録。「○○ケイバ」と名付けたせっけんや牛乳など便乗商品が相次ぎ、社会現象となった。馬券は当時としては高額だったが、「10人で金を出し合って買うなど、庶民にも広がった」(競馬博物館の村井主任学芸員)。しかしトラブルが絶えず、政府は1908年、馬券発売を再び禁止。競馬バブルは一気にしぼんだ。

ちなみに当時の馬券は単勝が基本。複勝式が始まるのは1931年(昭和6年)から。馬券購入後に抽選でどの馬の馬券になるかが決まる「ガラ馬券」も多く、これがトラブルの元となったともいわれる。

馬券禁止後、しばらくは政府が競馬法人に補助金を出したが、経営難は続いた。1923年(大正12)年に競馬法を制定し、一定の制限を設けて馬券が復活。以降は戦時中を除き、競馬は発展を続ける。

東京だけではなく、全国各地に数多くあった競馬場。歴史に思いをはせながら跡地を歩いてみると、意外な発見があるかもしれない。(電子報道部 河尻定)

エンタメ!連載記事一覧