エンタメ!

歴史博士

邪馬台国論争が再び白熱 「九州説」派巻き返し

2011/10/5

 畿内か九州か、日本史古代の3世紀に邪馬台国はどこにあったのか――。魏蜀呉が争った中国「三国志」時代、魏国へ使者を送った邪馬台国と女王・卑弥呼の実像を巡る論争が再び活発になっている。

纒向遺跡で見つかった3世紀前半当時最大の建物跡。奥は箸墓古墳(2009年11月、奈良県桜井市)

 目立つのは九州北部などに邪馬台国があったとする「九州説」派だ。2009年に奈良県の纒向(まきむく)遺跡から大型建物の遺物が見つかり「畿内説」優位が確定したかにみえたが、九州説派から反論の書籍などが相次いでいる。明治時代から続く邪馬台国論争だが、若い世代の古代史ファンの関心も集め、盛り上がっている。

■30~40歳代の関心高まる

 歴史月刊誌の老舗「歴史読本」(新人物往来社)は4月号で邪馬台国特集を組み、約8万部を売り切った。6月に再編集した文庫の新刊も初版1万5000部に続いて重版をかけた。「古代史書籍としては異例の売れ行き」(本多秀臣編集長)が続いている。

 読者の最大の関心は邪馬台国の所在地論争。同書では全国各地の候補地を取り上げて紹介した。東日本大震災以降、歴史ファンの関心が変わってきていると本多編集長は指摘する。1000年に1度ともいわれる大地震を経験し「これまでの日本の歴史を改めて知りたいという層が増えている」(本多氏)。邪馬台国は日本の成立のあり方に関わる存在。30~40歳代の読者の関心も高いという。

 研究者間の中で勢いのあるのが「九州」派だ。考古学の森浩一・同志社大名誉教授は「倭人伝を読みなおす」(筑摩書房)を出版。さらにインタビューや講演などで積極的に「北部九州の弥生文化が東に移って畿内地方のヤマト政権を生んだ」と自説を展開している。倭人伝の中にも臨場感あふれる記述と後から挿入した部分があると指摘し、卑弥呼が自死したなどの読み方を示した。

【関連キーワード】

卑弥呼邪馬台国古墳遺跡

エンタメ!新着記事

ALL CHANNEL