夏の自由研究、受賞経験者に聞く「自分の好きなことをテーマに」

自分で決めたテーマで実験や調べ物をする夏休みの宿題の定番「自由研究」。企業などが開催する各種コンクールの受賞作品は、疑問や問題意識を持って取り組んだ力作ぞろいだ。実際の受賞者はテーマ決めやスケジュールなど、どう取り組んだのか。昨年受賞した小中学生2人に振り返ってもらった。

◆                 ◆

「自由研究は好きなことに取り組めるから好き」と話す大月綾乃さん

1人目は東京電力主催の「サイエンス・グランプリ」で「文部科学大臣賞 最優秀作品グランプリ賞」を獲得した東京都中野区の大月綾乃さん(14)。中学2年生だった昨年、「車いす革命」と題した自由研究で車いすが段差を越えやすく軽い力で動く独自の改善策を考えた。研究では自ら車いすを使って問題点を検証。てこの原理などを用いた考察や実験も、審査員から「科学的」と高く評価された。

――テーマはどうやって決めたの。

「小学生の時にケガで車いすを使った時、上半身だけで動かすのがとても大変だった。昨年の春、駅で車いすでの移動に困っている女の人をみて、それを思いだし、楽に動かせる方法を考えようと決めた。自由研究は普段できないことができるので、テーマは自分が好きなこと、興味を持ったことを選んでいる」

――実際の研究にはいつぐらいから手をつけた? 苦労したことは。

「実験など全体の流れは夏休み前に考えていた。外で車いすを使うのに風が強くなく天気が良い日が何日も必要だったので実験は夏休みに入ってすぐ始め、8月の真ん中くらいまでに終えた。人がいない時間に実験するために早起きするのが大変だったが、自分で決めたことだから頑張った」

――周囲の協力は。

「自分の力でできる範囲のことをやろうと思ったので、ほとんど一人で頑張った。親には車いすをレンタルするときに助けてもらった。車いすの構造を調べるため、貸してくれた人に分解することを認めてもらった」

――自由研究のテーマ決めについて、友達から相談されることはある?

「相談されることは多い。『自分の力でできる身近なことで、好きなことをやるといいよ』と答えている。興味があることでまとめれば達成感もあると思う」

――「サイエンス・グランプリ」のウェブサイトは活用したか。

「私の場合、実際にまとめ方などのアドバイスを見たのは受賞した後だった。それでも、残された課題を書くのが良いなど、新しく知った点もあった。自由研究をする人にとって役立つと思う」


次ページ→「自分にできる努力を最大限に」

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧