ビール、ラベルに謎の“仕掛け”編集委員 小林明

ビールが恋しい季節になってきた

もしあなたの目の前に「エビス」か「キリン」のビールのラベルがあったら、よく目を凝らして見てほしい。ちょっとした“仕掛け”が隠されているのをご存じだろうか?


写真(1)は「エビス」のラベル(大・中・小の瓶ビール)。通常、目にしているのが左の写真である。七福神の中でも「商売繁盛の神様」として人気がある恵比寿(えびす)様が、赤いタイを1匹、小脇に抱えている。いかにも縁起の良さそうなイラストだ。

実は、このラベル。数百本に1本の割合で“当たり”が出回っているそうだ。右の写真がその“当たり”のラベルである。人呼んで「ラッキーエビス」――。違いはタイが2匹いること。向かって左手のびくの中から、2匹目のタイが尾ひれをのぞかせているのが見える。

写真(1):エビスビールの通常ラベル(左)とラッキーエビスラベル
ラッキーエビスの恵比寿様を拡大したところ。確かに左手のびくの中から、タイの尾ひれが見える。

サッポロビール広報室によると、「ラッキーエビス」が初めて登場したのが1998年(平成10年)。当時のブランド担当者が「四つ葉のクローバーのような存在になれば……」という軽い遊び心で始めたのが発端らしい。「エビスビール」「エビス〈ザ・ホップ〉」「エビス〈ザ・ブラック〉」の瓶ビールのラベルが対象だという。

“当たり”ラベルだからといって特に賞品が出るわけでもないし、社として積極的にPRしているわけでもないが、マニアの間では静かなブームになっているようだ。確かに、宴会などで偶然、「ラッキーエビス」に遭遇したら、ちょっぴりうれしいかもしれない。

→次ページは「エビスだけじゃない、ラベルの秘密」

エンタメ!連載記事一覧