WOMAN SMART

3つ星スイーツ

口溶け絶妙ロールケーキ、クリームと生地の一体感

2010/6/3 日本経済新聞 電子版

くるりと巻いた形が愛らしいロールケーキ(写真はドゥー パティスリーカフェの「ロールケーキ」)

見た目は菓子に欠かせない魅力の1つ。数年前からブームが続くロールケーキは、くるりと巻いた形が何とも愛らしい。「今週の3つ星スイーツ」では、多くの人に愛されるロールケーキを特集した。果物など中身を工夫した商品もたくさん出ているが、今回はプレーンを対象に食べ比べた。生地とクリームが絶妙なバランスで組み合わされ、口溶けのよいロールケーキに支持が集まった。


専門家が都内近郊の洋菓子店から選び抜いた10商品を候補に選定。専門家らで構成する「日経スイーツ選定委員会」が試食して評価した。プレーンタイプのロールケーキは、生地とクリームだけで作るシンプルな作りだけに、かえってごまかしの利きにくい奥の深い菓子ともいえる。接戦のため3つ星を獲得した商品はなかったが、3つの商品に星がついた。

★★★(3つ星)=文句なしのおいしさ。スイーツファンならぜひ食べるべき
★★☆(2つ星)=抜きんでている。電車賃を使ってでも買いに行きたい
★☆☆(1つ星)=水準を大きく上回る。遠回りしてでも買いに行きたい
2つ星を獲得したドゥー パティスリーカフェの「ロールケーキ」 

★★☆ ドゥー パティスリーカフェ「ロールケーキ」

〈特徴〉軽さにこだわった生地と、濃厚なクリームが特徴的な1品。空気をしっかり含ませ、バターを使わずに仕上げる生地は、シフォンケーキのように軽い食感。対照的にクリームは、高脂肪の生クリームで乳感を全面に出したうえに、バニラをふんだんに使ったカスタードクリームを中心部に巻き込みコクと香りを加えた。「食べたとき、想像よりも軽いと驚いてもらえるようなロールケーキが理想」と菅又亮輔シェフ。日々、生地とクリームのバランスに気を使いながら作り続けているという。

〈感想〉「フワフワな生地がクリームと一体となり口のなかで溶けてゆく。中心部の仕込まれたカスタードクリームが軽やかな中にもリッチな味わいを演出している」(清水好夫さん)、「ボリュームがありながら、軽い食感とすっきりした甘さでしつこさを感じさせない」(下園昌江さん)、「真ん中に巻き込まれたカスタードは、バニラの香りが強く濃厚で、アクセントになっている。生地と2種類のクリームの3つの各パーツのバランスが、ぴたっと決まっている。大きめサイズだが手ごろな価格なのもうれしい」(平岩理緒さん)

〈価格〉1本1200円(取り寄せ不可)

〈店舗〉東京都目黒区八雲1-12-8(電話03-5731-5812)午前10時~午後8時(月曜定休)

→次ページでは半熟感の残る生地が特徴の1品が登場



WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
嫌よ嫌よはマジで嫌 NOも言えない、こんな世の中じ
日経ARIA
40代からの歯科矯正はあり? 失敗しない歯科医選び
日経doors
婚活でやってはいけないこと 高学歴女子が陥りがち
日経DUAL
手軽なツールSNS 疲れずに仕事人脈をつくるコツ
ALL CHANNEL