出世ナビ

私の履歴書復刻版

第25回 創業50周年記念式典(下) 松下幸之助(パナソニック創業者)

2012/1/16

松下幸之助 パナソニック創業者

大正7年、小さな借家の土間で、ソケットづくりから始まった松下電器は、盛業のうちに、昭和43年5月、創業50周年を迎えた。思えば、50年前に私ども夫婦はささやかな姿で仕事を始めたが、当時は、その仕事が今日のように大をなすとは夢にも考えていなかった。ともかくも生活の道をという、日々の切実な考えで仕事を始めたのである。しかし、やるからには一生懸命やらなくてはならない、と心に決めて、時間を超越して朝早くから夜遅くまで仕事を続けた。家内も、約16年間は工場と住まいが一緒だったので、一方で仕事を手伝い、一方で住み込み店員の世話をするという姿だった。

創業50周年記念式典で夫人とともに

こうして、創業当時2、3人で始めた仕事も、5年たったときは従業員が100人ぐらいになっていた。そこで私は、世間並みに5周年の行事をやろうかと思ったが、しかし5周年をやっても10周年ができないようなら何もならないと思ったので、10周年まで待つことにした。10周年のときも同じような考えから延ばしてしまった。20周年のときは、事業も順調に伸びてきて何千人という従業員がいたから、こんどこそ記念式典をやろう、と思ったのだが、これもやめてしまった。25周年は戦争中のことでもあり、とてもできる状況ではなかった。30周年のときは、敗戦後の凍結令などによって企業活動が拘束され、どうにも動きがとれなかった。

その後、松下電器の再建がようやく軌道に乗り始めた昭和28年に創業35周年を迎えたのであるが、このときは年頭から約束もし、ぜひやろうという意気込みに全員燃えていた。ところがたまたまこの年の9月に、オランダへ出張した途上、オランダを見、ドイツの再建ぶりを聞いて、われわれの考えはまことに甘いものであり、まだまだ満足すべきものではない。記念式典も意義のあることだが、国のため、業界のために経営の基盤がもっとしっかりしてからでも遅くない、と思ったので、急きょ、オランダから電報を入れて延期することにし、2年後の昭和30年になって、初めてささやかに創業35周年の記念式典を行なったのである。

それから13年、昭和43年になっていよいよ創業50周年を迎えることになったのだが、この年は明治100年の年でもあり、私も70歳を越したということもあって、こんどは盛大に行なうことにした。いわば、名実ともに創業記念式典というものを初めて行なったのである。

私にとって夫婦とも健康で創業50周年を迎えられたということは、言葉に尽くせない喜びであったし、感慨もまたひとしおであった。華麗な中にも荘厳に挙行された記念式典で、私はこのときの気持ちを率直に感謝の念をもって話した。「今まで私たちは、常に何が正しいかということを考えつつやってまいりました。そしてその間、幸いに大きな誤りもなかったので、世間からの多大のご援助をいただいて、今日までやってこられたものと思います。また、私は一個の人間としては非常に貧困なものでございますが、みなさん方のご協力を得て、また、みなさん方が一体となって会社の使命遂行に努力していただいたおかげで、盛大に創業50周年の記念式典を迎えられたのです。

この盛大な式典、これと50年前にささやかな姿で出発いたしましたその当時の姿、その両点を私の心はいま往来しています。50年前は、こんな姿であった、いまはこういう状態になった、なんとありがたいことではないか、という気持ちでいっぱいでございます」――そして、記念行事がひと通りすむと、全国を回り、多数の販売店の方々をご招待して、記念の謝恩会を催し、今までのご恩顧にお礼申し上げ、今後のご支援をお願いしたのである。また、同時に、記念事業の一つとして総額50億円を児童の交通等災害防止の資金として活用してもらうために、全国都道府県に15年間にわたって寄贈することも決めた。

こうして、50周年記念行事を喜びと感謝のうちに、とどこおりなく終えたのだが、一方、私の心のなかにはこの50周年を機に新しい決意が生まれていた。“いままでの50年が、いわば松下電器が母の胎内にいたときとすれば、今日ようやくにして呱々【ここ】の声をあげたのではないか、そうとすれば、これから本当の活動が始まるのだ。後世の人々のために働こう”私はこの決意を従業員にも話し、松下電器が新しい50年に向けて船出することを互いに誓い合ったのである。まことに意義深い年であった。

この連載は、昭和31年8月および昭和51年1月に日本経済新聞に連載した『私の履歴書』をまとめた本「松下幸之助 夢を育てる 私の履歴書」(日本経済新聞出版社)を再掲したものです。毎週月曜日と木曜日に更新します。文中には今日、差別的とされる語句や表現がありますが、作者が故人であり、作品の発表された時代的・社会的背景も考慮して、原文のまま掲載しました。

[日経Bizアカデミー2012年1月16日付]

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL