エンタメ!

何でもランキング

魅惑の観光資源 夜景きれいな工場地域、東西20カ所

2015/3/22

■近くで見るスケール感

夜景評論家の丸々もとおさんは「不規則な光が想像力をかき立てる。百人百様、自分の言葉で表現したくなるはず」とその魅力を話す。ひとつひとつの光や炎に工場の安全や環境を守る役割があり、日々の生活とつながっていると思うとさらに感慨が増す。

工場地帯は広く、鑑賞スポットが多くあるため、ランキングは都市名と代表的な地点で示した。安全面や交通の便を考慮した結果、掲載したところは工場からやや離れている場合が多い。

ただ、近畿大学の岡田昌彰教授は「工場近くから見るスケール感、金属の光沢や質感も醍醐味」と話す。工場敷地や私有地に勝手に入らないほか、車両の往来や駐車場所などにも十分な注意が必要だ。鑑賞ツアーやクルーズに参加して、海上や通常は立ち入れない場所から楽しむのもまた格別だ。

 ◇  ◇  ◇  

調査の方法 専門家の協力を基に工場夜景で有名な全国34都市の鑑賞スポットを選出。(1)夜景の美しさや迫力(2)鑑賞スポットの充実度(3)交通の便のよさ、施設の利便性(4)ツアーや情報の充実度などの点からおすすめを東西各5位まであげてもらった。選者は以下の通り(敬称略、五十音順)

▽岩崎拓哉(夜景写真家、オールアバウト夜景・イルミネーションガイド)▽大倉裕史(写真集「工場夜景」アドバイザー)▽岡田昌彰(近畿大学理工学部社会環境工学科教授)▽小林哲朗(写真家、「工場ディスカバリーZ」著者)▽中村勇太(夜景写真家、夜景総合サイト「夜景FAN」運営)▽縄手真人(新日本三大夜景・夜景100選事務局)▽八馬智(千葉工業大学工学部デザイン科学科准教授)▽本田純一(写真家、「九州・山口工場景」著者)▽丸田あつし(夜景フォトグラファー)▽丸々もとお(夜景評論家)

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL