1位は箱根・ポーラ 印象派楽しめるお薦めの美術館

芸術の秋、気持ちがほっと和む印象派の絵画を楽しめる美術館に足を運んではいかがだろう。国内にも印象派の名画はたくさんある。館内や周辺も含めて作品を満喫できるおすすめの美術館を専門家に選んでもらった。

1位 ポーラ美術館(神奈川県箱根町) 800ポイント
■森と光を感じながら 2002年に開館し、約9500点を収蔵する。西洋近代絵画コレクションは約400点あり、印象派や1920年代を中心にパリで活躍したエコール・ド・パリの画家の作品が多い。明るい色彩の絵画は多くの人を魅了する。印象派の代表画家のモネは「ルーアン大聖堂」「サン=ラザール駅の線路」など19作品を、ルノワールも15作品を収蔵し、国内最多を誇る。ゴッホ、シニャックなどもそろえ、見応え十分だ。
なかでも美術館の顔ともいえるのがルノワールの「レースの帽子の少女」=写真=で、少女の夢見るような表情や、柔らかなほお、帽子の豊かな質感に心を奪われる。
展示室には光ファイバー照明を採用し、7月のパリの夕暮れの光を再現したという。「どの作品も色の退色を感じさせないみずみずしさ、鮮やかさ。ショップは作品に関連したグッズが豊富」(重野佳園さん)
建物も個性的。大半が地下にあって森に溶け込みつつ、広いガラス窓から太陽が降り注ぐ。箱根の緑豊かな自然の中で印象派がこだわった光を存分に感じることができる。2013年「6番目の展示室」の森の遊歩道が完成。15年3月まで「紙片の宇宙」展を開催。(1)午前9時~午後5時、年中無休(2)1800円(3)箱根登山鉄道強羅駅からバスで約13分(4)(電)0460・84・2111


2位 ブリヂストン美術館(東京都中央区) 790ポイント
■都会で満喫 上質コレクション 「ここの印象派コレクションを見ずには何も語れない」(中村剛士さん)というほど質の高い西洋美術コレクションを持つ。セザンヌの「サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール」=写真=は世界的にも評価が高く、海外からわざわざ足を運ぶ鑑賞者も多い。ルノワールの「すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢」にもおしゃまで愛くるしい姿にファンが多い。
東京駅に近く「都会の中にありながらとても落ち着いた雰囲気で展示室はまるでコレクターの邸宅の一室のよう」(馬場典子さん)。1952年の開設以来続く土曜講座や学芸員のギャラリートークなど美術に親しんでもらう取り組みにも熱心だ。2015年5月からのビル新築に伴う休館を前に、同1月末から「ベスト・オブ・ザ・ベスト」展を開催する。(1)午前10時~午後6時(毎週金曜日は午後8時まで)、月曜休館(2)800円(3)JR東京駅(八重洲中央口)から徒歩5分(4)(電)03・5777・8600(ハローダイヤル)


3位 国立西洋美術館(東京都台東区) 720ポイント
■西洋美術の殿堂 西洋美術をひと通り広く鑑賞することができる西洋美術の殿堂。「(実業家・政治家で美術収集家でもあった)松方幸次郎の松方コレクションを中心に印象派前後の包括的な歴史をたどれる」(岡部あおみさん)。印象派の作品は新館の2階にあり、なかでも「モネの部屋」には、「睡蓮」や「舟遊び」など松方がモネを直接訪ねて譲り受けたものを中心に見事な作品がずらりと並ぶ。写真の「睡蓮」は2メートル四方の大作だ。
本館は近代建築の巨匠ル・コルビュジエの設計によるもので、世界遺産登録を目指している。(1)午前9時30分~午後5時30分(毎週金曜日は午後8時まで)、月曜日休館(2)常設展430円(3)JR上野駅(公園口出口)から徒歩1分(4)(電)03・5777・8600(ハローダイヤル)


4位 大原美術館(岡山県倉敷市) 600ポイント
■近代美術館のルーツ 倉敷の美観地区に建つギリシャ神殿風の美術館。1930年に開設され「西洋絵画の魅力を日本に伝えた近代美術館のルーツ的存在」(高橋信裕さん)だ。実業家の大原孫三郎と洋画家の児島虎次郎が中心になって集めた膨大なコレクションは圧巻。セザンヌの「水浴」やピサロの「りんご採り」なども見逃せない。
「児島が『日本の絵描きのために譲ってほしい』とモネと直接交渉して得た『睡蓮』を収蔵している」(洲之内啓子さん)。(1)午前9時~午後5時、月曜休館(2)1300円(3)JR倉敷駅から徒歩約15分(4)(電)086・422・0005


5位 DIC川村記念美術館(千葉県佐倉市) 450ポイント
■緑豊かな庭園 DIC創業者の川村喜十郎氏ら川村家3代の収集品が楽しめる。アメリカの近現代美術の作品収集で名高いが、印象派からエコール・ド・パリの名画も多い。ルノワールの「水浴する女」やモネ「睡蓮」などが人気。広大な敷地の「緑豊かな庭園は印象派の画家たちが愛した風景をほうふつとさせる」(浦島茂世さん)。無料で開放されている散策路は憩いの場でもある。
(1)午前9時30分~午後5時、月曜休館(2)展示内容によって変わる(3)京成電鉄京成佐倉駅とJR佐倉駅から無料送迎バスがあり、所要20~30分(4)(電)0120・498・130


6位 地中美術館(香川県直島町)
瀬戸内海に浮かぶアートの島、直島に2004年に完成した。モネら3人の芸術家の作品のみを設置している。モネの最晩年の「睡蓮」5点を自然光のみで鑑賞できる。「光の推移を感じることのできる展示は印象派が追い求めたもの」(大月ヒロ子さん)。モネが作った庭園の草花にちなんだ「地中の庭」もある。(電)087・892・3755


7位 ひろしま美術館(広島市)
西日本屈指の印象派コレクションを誇る。原爆ドームをイメージした外観で「円形の展示空間がユニーク」(重野さん)。必見の人気作はゴッホが死の約2週間前に描いた「ドービニーの庭」やルノワールの「パリスの審判」だ。(電)082・223・2530


8位 アサヒビール大山崎山荘美術館(京都府大山崎町)
緑豊かな天王山の中腹にあった山荘を改修して建てられた美術館。新館「地中館」のギャラリーの「モネの睡蓮に包まれる感覚がすばらしい」(大月さん)。(電)075・957・3123


8位 島根県立美術館(松江市)
ゴーギャンの「水飼い場」やモネの「アヴァルの門」など水に関連した作品が多い。絵画とともに美しい夕日も堪能できる。(電)0852・55・4700


10位 埼玉県立近代美術館(さいたま市)
常設展なら200円で、モネ、ルノワール、ピサロの作品などが見られる。モネの「ジヴェルニーの積みわら、夕日」は特に人気。2015年4月10日まで改修工事中。(電)048・824・0111


表の見方 数字は選者の評価を点数にした。美術館名、所在地、(1)開館時間と休館日(2)大人1人の入館料(3)主なアクセス(4)問い合わせ先 写真は各美術館提供、制作年と絵の種類など

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
エンタメ!連載記事一覧