雨・台風が迫ると体調不良に 自律神経乱れ「気象病」

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

台風が迫ったときや雨が降る前の片頭痛やめまいに悩んでいる人はいないだろうか。気圧や温度、湿度の変化によるこうした体の不調は気象病と呼ばれる。現状考えられている発症の仕組みや予防法をまとめた。

台風が近づくと、気圧の変化のためか片頭痛がする。雨の日は古傷が痛む。気温が下がると、ぜんそくの発作が起こりやすい気がする。曇天や雨が続くと、うつがひどくなる。気象の変化が影響したとみられる不調は意外に多い。脳血管疾患や心疾患、腰痛や関節痛のほか、首・肩こり、更年期障害、歯周病などの症状が悪化する人もいる。最近では専門外来を設ける医療機関が出てきた。

愛知医科大学病院痛みセンター(愛知県長久手市)の佐藤純客員教授は「もともと抱えていた頭痛などの症状が気象の変化の影響でさらに悪化するケースがみられる」と説明する。気象の変化に体の働きを調整する自律神経が敏感に反応してしまうのだという。近年は夏の猛暑や急な大雨が目立つようになった。夏バテによる食欲不振やだるさ、睡眠不足などが加わると、これまでなかった人でも症状が出てくる可能性がある。

特に気圧の変化が影響してくるのは片頭痛やめまいだ。耳の奥にあって気圧の変化を感じ取るセンサーの役割を果たす「内耳」の働きが関係している。佐藤客員教授によると、気圧の変化が内耳を通じて脳に伝わる過程で自律神経に乱れが生じ、結果として痛みや不調が出てくることがあるという。

かく脳神経外科クリニック(山口市)の郭泰植院長は「診察した片頭痛患者300人以上にアンケート調査をしたところ、7割が気象の変化で頭痛が誘発されているという結果が出た」と明かす。

郭院長は天気や気圧、頭痛の状態、服用した薬などを日々記録しておく「頭痛ダイアリー」を勧めている。続けていくうちに症状の出やすい状況を自ら把握できるようになり、対策を講じやすくなるそうだ。最近では気圧の変化を予想して体調管理に役立てるアプリも登場している。

天気予報を確認すれば、台風や雨といった変化を予想できることがある。片頭痛やめまいが起こりそうな場合、郭院長は「片頭痛の予防薬、内耳に働きかけてめまいを改善する薬などを服用しておくとよい」と指摘する。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント