石津祥介のおしゃれ放談 靴下は柄で攻める 正解とNG

《この写真の記事を読む》ビジカジにおしゃれ柄 「靴下で冒険せよ」石津祥介氏

「これはちょっとビジネスには不向きじゃないの?」と靴下を吟味する石津祥介さん(右)。大量の靴下を持ってきてくれた安藤健治さんと靴下選びを楽しんだ(東京都港区の石津事務所)
グレーのパンツの色を拾ってアーガイルソックスを選んだ石津さん。「これはオレンジや赤が使われた、外しのアーガイル」
「アーガイルはひし形の大きさが一般的なものを選ぶこと。ビジネスにもぴったりだよ」と石津さん
「アーガイルはやや冬よりの柄でウールがぴたりと決まる。夏は避けたほうがいいね」
横じまはソックスの代表柄だ。黒のタッセルには迷彩柄。ベーシックカラーで構成されているので、革靴にも合う。奥の左から2足目がカーキ&オレンジ
多色を使った横じまを構成する色がデッキタイプのシューズとパンツの色にリンクしている
ブルー系統の横じま(左)とアーガイルはこんな組み合わせに。カジュアル主流のいまのビジネススタイルをイメージした
茶のチャッカブーツから連想したカジュアルなオンスタイルの安藤さん。デニムや紺ブレのネイビーとバンドカラーのブルーのシャツにパープルの差し色が効果的だ
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram