「食べるバター」が話題の専門店 ヒットの裏に脱SNS

STORESで異彩を放つ、ナショナルデパートのバター専門ブランド「カノーブル」。代表の秀島康右氏は、Webデザイナーという異色の経歴を持つ。SNSが苦手と語る秀島氏の販促戦略とは
STORESで異彩を放つ、ナショナルデパートのバター専門ブランド「カノーブル」。代表の秀島康右氏は、Webデザイナーという異色の経歴を持つ。SNSが苦手と語る秀島氏の販促戦略とは
“食べるバター”のブームをけん引し、VR(仮想現実)や3Dプリンターを活用した新機軸のスイーツを生み出すなど、話題を集めるブランドがある。バター専門ブランド「カノーブル」だ。展開するのは、岡山発のナショナルデパート。商品も“異端”なら、販促方法も独特。SNS全盛の今、あえてSNSを“捨て”、プレスリリースに全振りする。その理由と戦略に迫った。
MONO TRENDY連載記事一覧