中古時計が○億円に! ヴィンテージ人気過熱の背景腕時計 基礎講座2021(4)

2021/8/20

腕時計にもニューノーマルが到来しています。超絶デザインや複雑機構の新作が誕生し、オンライン発表会、サステナブルへの取り組みが一段とすすみました。さあ、某新聞社の記者と編集長の凸凹コンビと一緒に2021年のホットな時計の世界を旅しましょう。




確かに、金や一部の不動産はもちろん、ウイスキーや現代アートなんかも高値更新のニュースを耳にしますよね。

そもそも人気のある一部の腕時計は流動性が高く、価値も安定しているから投資先として優れているという見方もある。

小さくて有事にも持ち運びやすいため、金のように「身に付けられる資産」の側面もあるし。世界的時計サイト『Chrono24』では保有時計の時価評価を確認できるサービスも人気らしいよ。

でも、時計ブランドは嫌でしょうね。古いものに人気が集まるのは。

それがそうでもないんだ。確かにかつては「古時計愛好家」は新品を買わない上に文句ばかり言う面倒な存在だと考えられていたけれど、ここ最近は多くのブランドがその存在に注目するようになっている。

それまたどうして?

最大の理由は中古市場での評価がブランド価値に直結するということに気づいたから。
新商品開発にヴィンテージウオッチコレクターの意見を求めるようになったり、直営ブティックで「ブランド認定中古」を扱ったりするところも増えてきたよ。

腕時計のセカンダリーマーケット

将来的には腕時計の中古市場はスイスの新作時計の輸出額の25倍になるとの予想もある。

ブランド認定中古

自ら2次流通に乗り出すブランドもある。リシャール・ミル、H.モーザー、フランク ミュラーなどが参入している。

Chrono24

世界最大の高級時計オンライン取引サイト。新品・中古品50万点が出品されており、2020年の取引額は約20億ユーロ(約2600億円)。

ワカマツ編集長

時計、ファッション、車好きな某新聞社編集長。思索の場は喫茶「コグマ」。

安土さん

喫茶「コグマ」マスターで、実は元時計技師。映画好きの親分肌。

川辺さん

編集部きっての時計情報通。おしゃれで仕事もできるオトコを目指す。

監修:安藤夏樹(プレコグ・スタヂオ) イラスト:中村恵利加


◇  ◇  ◇

【2021年の腕時計基礎講座はこちら】

【第3回】ブランド腕時計、ベルト着せ替え急浮上 コロナのせい?

【第2回】腕時計も地球を考える SDGs元年、再生貴金属モデルも

【第1回】腕時計、豊作の年 ニューノーマルは「新作すぐ買える」

◇  ◇  ◇

【2020年の腕時計基礎講座はこちら】

【第1回】「何もない文字盤」 挑発する時計の正体

【第2回】「正装」は服だけじゃなかった ドレスウオッチの基本

【第3回】キャラを演じる腕時計 スタローンに似合うブランドは

【第4回】ルパン三世に「相棒」の右京…ヒーローの腕に光る時計

【第5回】時計とスポーツに歴史あり 公式タイムキーパーとは

【第6回】シャネル・ブルガリ・グッチの時計 業界驚かす実力

◇  ◇  ◇

【2019年の腕時計基礎講座はこちら】

【第1回】機械式かクオーツか、それが問題だ

【第2回】ああ、愛しきクロノグラフ

【第3回】たかがカレンダー、されどカレンダー

【第4回】ワールドタイム、世界は私を中心にまわっている

【第5回】薄いのがお好き? 厚いのがお好き?

【第6回】洒落者の腕元を飾る○□△


SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram