powered by 大人のレストランガイド

アジアの食求め高田馬場へ 学び働く外国人がつくる街

東京・高田馬場駅周辺(写真はPIXTA)
東京・高田馬場駅周辺(写真はPIXTA)

「リトルヤンゴン」とも呼ばれる東京・高田馬場。民主化運動の弾圧から逃れてきたミャンマー人が1990年代後半に集まっったとされるが、近年目立つのは中華系やベトナム系の店舗。変わりゆく街を歩いてみた。

JR山手線と東京メトロ東西線、西武新宿線の結節点である高田馬場駅。街に出てもミャンマーの香りはしない。そこで日本ミャンマー・カルチャーセンターのマヘーマー所長と落合清司理事長に案内されたのが、駅前にあるタックイレブン高田馬場ビルだ。

電車の音が鳴り響くビルの表にはスナックなど日本語の看板が連なる。普通の雑居ビルに見えるが、中に入るとそこはミャンマーだった。

アウン・サン・スー・チーさんが描かれたマスクに辛そうなスパイス――。上層階には輸入食品や雑貨がところ狭しとならぶ店が多数ある。5カ月分の食材を買い込んだという技能実習生の女性(24)は「懐かしい故郷の食事を作れる」と満面の笑みを見せた。

店先には「当店では軍関連企業の商品は販売しておりません」というポスターも掲げられるなど、クーデターを起こした国軍に対する在日ミャンマー人の怒りも漂う。

1988年の民主化運動の弾圧から逃れてきた人々は、当初西武新宿線の中井駅に集まってきた。90年代後半に2駅先の繁華街、高田馬場へと拠点が移っていった。高田馬場はリトルヤンゴンと呼ばれるようになった。

2010年には9千人に満たなかった在日ミャンマー人は、技能実習生やIT(情報技術)技術者などが増え、20年に3万3千人を超えた。急増したミャンマー人の居住地域は全国に散らばる。マヘーマーさんによると「最近ではオンラインでミャンマーの食材や総菜を販売する業者も多く、わざわざ高田馬場に来なくてもよくなった」。店内外には彼らに向けて発送する商品の小包が積まれていた。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド