ポロシャツ爽やかに 大人の一着選びと着こなしのコツ

《この写真の記事を読む》クールビズで無敵のポロシャツ きちんと見せるコツ

クールビズで「襟付き」を求める会社では、ポロシャツの出番が多くなりそう
ワニのロゴで有名な仏ラコステにエストネーションが別注した一着。各2万900円(エストネーション) ジャケット12万4300円/ヴァルディターロ ペル シップス(シップス 銀座店)
襟の開きが美しいスキッパータイプのポロ。1万5400円(ストラスブルゴ)
吸湿速乾性能が高いクールマックスを混紡したソブリンのポロ。9900円(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)

特殊な薬品に漬け、糸の毛羽立ちをなくす「シルケット加工」を施したポロシャツ。ごく細かなドットが施されたバーズアイ柄が特徴。ビジネスカジュアルの着こなしを想定し、ジャストサイズで作られている。 EDIFICE / バーズアイ シルケット ポロシャツ 1万780円
次世代のライフスタイルに寄り添ったビジネスウエア、デイリーウエアを展開するブランド。和紙素材をコットンに練りこんだ特殊な生地を使用している。ややゆったりとしたトレンド感のあるサイジングだ。洗濯は他の衣類と同様のやり方で問題ないそう。 Sig FREAK'S STORE / WACLOTH POLO 8250円

使い勝手のいいベーシックカラーのポロ。ジョン・スメドレー(左)とラコステ フォー ユナイテッドアローズ
トレンドのグリーンも黒ポロなら簡単にまとまる
ライトグレーはブラックで引き締めるのが正解

カナーリのポロとジャケット
イキジのポロとエディ モネッティのジャケット
ブルックス ブラザーズのポロとジャケット

ポロシャツ税別6万7000円(ブルネロ クチネリ/ブルネロ クチネリ ジャパン)
ポロシャツ税別1万6000円(ポロ ラルフ ローレン/ラルフ ローレン)

ジョン・スメドレーのポロとポール・スチュアートのジャケット
ギ ローバーのポロとデザインワークスのジャケット


SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram