2021/7/19

ドレスニットポロとは? 休日のきれいめスタイルにも

ポロシャツがスポーティーに見える一因は、鹿の子生地の硬めの質感です。では、細めの糸を細かい目で編んで、柔らかく仕上げた「ドレスニット」を使うと? 生地には上品な光沢が出て、ジャケットとの相性もグンとよくなります。Web会議では品良く映るでしょうし、休日のきれいめコーデにもぴったりです。

記事では、合わせやすい白・黒のほか、派手すぎない差し色を楽しめる「色ポロ」を紹介し、ジャケットとのきれいな合わせ方を解説しています。

【記事はこちら】ジャケットと相性抜群 仕事着ポロは「ドレスニット」

使い勝手のいいベーシックカラーのポロ。ジョン・スメドレー(左)とラコステ フォー ユナイテッドアローズ
トレンドのグリーンも黒ポロなら簡単にまとまる
ライトグレーはブラックで引き締めるのが正解

紺ジャケと好相性 きれいな「色ポロ」で華やかに

クールビズのポロシャツといえば、白・紺・グレーが定番です。紺のジャケットと合わせて着ている人も多いでしょう。そんな手堅い装いから、おしゃれに一歩踏み出すには、グリーンやライトブルー、ボルドーなど、ポロならではの色を使って華やかさを演出するのが一番です。

記事では、着慣れた紺ジャケの印象が劇的に変わる「色ポロ」との組み合わせを4種類用意し、「ドレス度」「涼感」「汎用性」の3つの観点で採点しました。きちんとした感じとくつろいだ感じ、そのバランスのとり方がわかります。自分のスタイルや会社の雰囲気に合う装いを考えるのに役立ててください。

【記事はこちら】いつもの紺ジャケ見違える 「色ポロ」と合わせ華やか

カナーリのポロとジャケット
イキジのポロとエディ モネッティのジャケット
ブルックス ブラザーズのポロとジャケット

こだわりのポロ 女性の視線集める

ファッションディレクターの清水久美子さんは、無数のポロの中に「女性心のツボポイント」を突く一着があるといいます。それが、ひとひねりある「一芸ポロ」です。夏の装いが、どこか物足りない印象になるのは、シャツやネクタイ、チーフなどで首回りを演出できないから。例えば、台襟を付けて襟が立つようにしたポロシャツなら、その弱点を補って顔がキリッと引き立つそうです。

定番の綿ではなくウールを使ったもの、清水さんが「ポロシャツ界のタキシード」と呼ぶジョン・スメドレーの一着、すべてリサイクルプラスチック素材でつくったものなど、女性の視点で選び抜いた話のタネにもなるポロを紹介しています。

【記事はこちら】この夏狙うは一芸ポロ 小粋なこだわり、視線くぎ付け

ポロシャツ税別6万7000円(ブルネロ クチネリ/ブルネロ クチネリ ジャパン)
ポロシャツ税別1万6000円(ポロ ラルフ ローレン/ラルフ ローレン)

きちんと見せる着こなし 「シャツ仕立て」の長袖もアリ

ノータイの装いは、どうしても胸元のVゾーンが寂しくなりがちです。いつものワイシャツからネクタイをとっただけという格好は、だらしなく見えてしまうことも。そんなときにもポロシャツが役に立ちます。

記事では「一番上までボタンを留める」「デニム風のジャケットにブラウンのニットポロを合わせる」といった、きちんと見せる着こなしのテクニックを紹介。袖口をシャツのように「カフス仕立て」にした長袖ポロ、光沢のある高級綿を使ったポロなど、大人にふさわしい品のあるポロもチェックしてみましょう。

【記事はこちら】ノータイ、上品・快適に クールビズのコーデ8選

ジョン・スメドレーのポロとポール・スチュアートのジャケット
ギ ローバーのポロとデザインワークスのジャケット

※価格などの商品データは各記事の掲載時点のものです。


SUITS OF THE YEAR 2021

アフターコロナを見据え、チャレンジ精神に富んだ7人を表彰。情熱と創意工夫、明るく前向きに物事に取り組む姿勢が、スーツスタイルを一層引き立てる。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram