土佐の豊かな食材が音楽活動の力 歌手・岡本真夜さん食の履歴書

NIKKEIプラス1

岡本真夜 歌手=五十嵐鉱太郎撮影

つらいときも明るく前を向こうよ――。恋や友情、夢を歌う岡本真夜さん(47)の声やメロディーは聴く人にそっと寄り添い、背中を押す。高校時代までを過ごしたふるさと高知の味、子育てで腕を上げた手料理。デビューから26周年、旺盛な食欲が音楽活動を支えてきた。

「30年残れるアーティスト。デビュー時のその目標までもう少し」。2020年、歌手生活25周年を迎えた。友達を応援するために作ったデビュー曲「TOMORROW」が出たのは1995年。「涙の数だけ強くなれる」との歌詞が今も幅広い世代を勇気づける国民的ヒット曲だ。

歌手への夢を抱いて高知県から18歳で上京し、下積みでは自身も涙を流した。幼い時からピアノを習い、クラシックの音楽家を夢見た。高校時代にドリームズ・カム・トゥルーに憧れて歌手の道を進もうと決め、親代わりに育ててくれた祖父母の大反対を押し切って東京に出てきた。

高知はカツオ消費量が全国一だ。「お母さん」と呼ぶ祖母の料理は朝、昼、晩の3食にカツオがあった。タタキや刺し身はもちろん、刻んで味噌汁に入ることも。「カツオには飽き飽きした」。そんな18歳が東京で一人暮らしを始め、チャーハンやカレーを見よう見まねで作るように。

アルバイトをしながらボイストレーニングをする日々。東京で努力すれば夢がかなうと新しい生活を始めたが、スーパーで見たカツオを見てホームシックに襲われた。「高知で当たり前のように食べていたカツオは特別に新鮮だったんだ」と故郷への思いがわき複雑な気持ちにもなったが、送り出してくれた家族を思うと、後には引けなかった。

振り返れば、風光明媚(めいび)な四万十川の近くで生まれ育ち、ユズなどのかんきつ類、アユやウナギなど魚も豊富だった。「高知の豊かな食材が私の健康をつくってくれた」と改めて感謝の気持ちがわいた。18年に県の観光特使になると、地元の雄大な自然や食物の味わい深さに気付くように。都内のスーパーで高知産のナスやショウガを見つけると必ず手に取る。

親族が集まって囲む「皿鉢(さわち)料理」の風景も思い出深い。刺し身や卵焼き、煮物、揚げ物から甘味まであらゆる料理を大皿に盛る土佐の郷土料理で、宴会好きの地元の気質を象徴する。大人も子どもも我先にと箸(はし)を伸ばすなか、「大好きな唐揚げを早く取らねばと狙っていた」と懐かしむ。今も友人やスタッフとの会食が好きで、楽曲作りのヒントを得ることも。「食事をして他愛もない話をすると、ストーリーを思いつく」という。

旺盛な食欲は祖母譲りかもしれない。98歳になった高知県在住の「お母さん」は好物の刺し身をペロリと平らげ、誕生日にはタイの塩焼きやケーキも食べ尽くす。コロナ禍で1年以上会えないが、「食べることが生きがいの母。生きていてくれるだけでありがたい」と祈るように話す。

次のページ
卵かけご飯も欠かさず
エンタメ!連載記事一覧