防水レザーシューズ、雨の通勤快適に デニムにも合う

《この写真の記事を読む》雨でも快適なレザーシューズ ドレス系もカジュアルも

中に水が染みない靴なら雨の日も快適
創業50年以上の歴史を持つ国産シューメーカー「REGAL Shoe & Co.」の一足。ライニングにGORE-TEXを使っており、雨に強い。甲革にはスコッチグレインレザー(型押し)、ソールにはVibram社のクレッターリフトを採用。REGAL Shoe & Co. / ストレートチップGORE-TEX 5万600円
シボ革のアッパーは汚れや傷が目立ちにくい。シューホールはアイレットが露出しない裏ハトメの仕様なので、すっきりとした表情
他ではあまり見かけない赤いインソール。靴を脱いだ際のたたずまいも魅力的だ

特にリジッドなデニムとの相性は抜群。合わせたのは同店が推すRESOLUTEの一本
大阪発の国産シューズブランドが手がける一足。皮をなめす工程で防水加工を施したオリジナルのレザーを使用している。独自設計のソールユニットをマッケイ製法で縫い合わせることで、革靴の見た目とスニーカーの履き心地を両立。blueover / marco smooth 3万3000円
丸みのあるトゥラインも特徴的。革靴の端正な雰囲気がありながら、スニーカーのようなカジュアルさも感じられる
重くなりがちなアウトソールには、ビブラムソールの中でも軽量のものを採用。試着して軽さに驚く客も多いそうだ

プレーンなデザインなので、どんなパンツにもよく合う
Shoes(シューズ)、Utility(実用性)、Value(価値)、Sole(ソール)の単語を組み合わせた造語をブランドネームに掲げる国産シューズブランドの一足。英国発の防水透湿素材「eVent」をライナーに採用している。ベージュ、ブラックの2色展開。Suvsole / Moc Path 2万6400円
アウトソールは同ブランドが開発したオリジナルのものを使用。独自のゴム配合によるソールはクッション性が高く、摩擦による劣化にも強い
履き口のレザー部分に至るまで、すべて同系色でまとめている。カジュアルなデザインだが、子供っぽさは感じさせない


SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram