初心者もラクラク お薦めのキャンプ場、東西20カ所

夏休みに向けキャンプの計画を立てている人もいるだろう。楽しみの一つが、バーベキュー。最近は手ぶらで行けて地元のこだわり食材などを楽しめるところが増えている。初心者でも利用しやすいスポットを専門家に選んでもらった。

<東日本>

1位 北軽井沢スウィートグラス(群馬県長野原町) 660ポイント
■鶏は豪快に、気配り細やかに 北軽井沢は軽井沢の北側、浅間山北麓一帯に広がる地域を指す。野外活動やイベントが一年を通じて楽しめる広大なキャンプ場には草原のテントサイト、ツリーハウスや移動式テント「ティピ」など個性的な宿泊施設がそろう。レンタル品の数が豊富で初心者への配慮が細やか。ペット連れで楽しめる点も人気。
信州ポークなどを使った定番バーベキューのほか「下ごしらえ済みの『まるまる丸鶏』は初心者でも豪快なダッチオーブン料理が楽しめる」(牛島義之さん)。(1)通年、利用日の3カ月前から(2)草原広々サイト1泊1区画、利用日により1500~8700円など(3)「SG名物!まるまる丸鶏」1羽(約4人前)3000円、「こだわりBBQセット」(2人前)3300円など(4)(電)0279・84・2512


2位 PICA富士吉田(山梨県富士吉田市) 580ポイント
■おしゃれな施設でシュラスコ 清潔で「とってもおしゃれで初心者や女性に最適」(小林孝延さん)。精肉は全て山梨県産というセットやシュラスコのほか、キッシュなど副菜も充実。「甲斐サーモン」のスモークも堪能できる。(1)通年、利用日の3カ月前から(2)電源付きテントサイト1泊1区画、利用日により2400~7800円(人数・季節で変動)(3)「ふじのくに極上BBQセット」(1人前)2600円(4)(電)0555・30・4580


3位 若洲海浜公園キャンプ場(東京都江東区) 380ポイント
■都心でサービス充実 東京湾に面した海上公園にある。専門業者がレンタル業務を請け負っており、食材やサービスのレベルが高い。「炭火以外に鉄板焼きなどの道具が使える」(真田崇史さん)。食材は女性や子ども用も。(1)通年(火曜定休、春夏休みは無休)(2)利用料高校生以上1泊600円、テント設営は無料だが、人数や設置数を予約時に伝える(3)「シンプルプラン」(1人前)2500円、4人前から注文可(4)(電)03・5569・6701


4位 キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原(栃木県那須町)
バーベキューセットは地元の老舗精肉店が用意。季節に合わせたイベントも多く子どもに大人気。(電)0287・64・4677


5位 赤城山オートキャンプ場(群馬県前橋市)
「直営農場で育てた豚肉を部位ごとに予約可」(松村由美子さん)。自家製ソースもおいしい。(電)027・283・8368


6位 オーキャン宝島(栃木県塩谷町)
ペットと泊まれてドッグランもあるキャンプ場で、元シェフのオーナーがこだわり食材を用意。(電)0287・45・2225


7位 戸隠キャンプ場(長野市)
標高1200メートルの戸隠連峰の裾野に位置し、ロケーション抜群。コインランドリーや温水シャワーも。(電)026・254・3581


8位 成田ゆめ牧場(千葉県成田市)
「バーベキューだけでなく、牧場売店のソフトクリームなども絶品」(こいしゆうかさん)(電)0476・96・1001


9位 ワイルドマジック(東京都江東区)
都心で本格的なバーベキューを楽しめる。予約はホームページhttp://wildmagic.reserve-box.com/vacancy/list.htmlから


10位 あぶくまキャンプランド(福島県小野町)
緑あふれるキャンプ場。「オーナーはバーベキューインストラクターで地元食材を活用」(重信修さん)(電)0247・73・2945


エンタメ!連載記事一覧