プロのコーデ 「スノーピーク」を街で着こなすコツ

《この写真の記事を読む》梅雨を楽しく スノーピークの機能ウエアで街着コーデ

スノーピーク ルミネ新宿店店長の渡辺大夢さん
シャツに用いられたパナマ織りの生地。コットンとリネンの混紡で清涼感のある肌触りも特徴
「自分自身のサイズ感にルールを作ることで、天候や目的地が変わっても焦らずコーディネートを組めると思います。例えばトップスはやや大きめでボトムスは太めのストレートシルエット、という具合です」
アウター 4万4000円(スノーピーク)、パンツ 2万7500円(スノーピーク)、ニットキャップ 4180円(スノーピーク)、シューズ (私物)
ポンチョのジッパーを開けば、パンツのポケットにスムーズにアクセスできる
ガラス繊維をプリントした裏地。縫い目に施された止水テープは加水分解しにくい仕様になっている。一般的な止水テープよりも経年劣化しにくいのが魅力だ

フード先端の雨よけのルーフ(ツバのような張り出し)がほかにない雰囲気を醸し出す
パンツのざらついた肌触りは天然素材ならでは。化学繊維を用いた滑らかなアウターの質感とのコントラストが秀逸だ

シャツ 2万4200円(スノーピーク)、Tシャツ (私物)、パンツ 2万6400円(スノーピーク)、シューズ 3万5200円(スノーピーク)
トップス、ボトムスともに「スペック染め」という新潟発祥の染色方法を採用。むらがなくきれいに色付くのが特徴だ
スノーピークのパーカ(4万6200円)を羽織った様子

パーカ 2万6400円(スノーピーク)、ポロシャツ 1万5400円(スノーピーク)、ショートパンツ 1万7600円(スノーピーク)、シューズ 4万1800円(スノーピーク)
縦糸と横糸の一部を規則的に省くことでドット状の穴を作り出した「ドットエア」。通気性や速乾性の高さが特徴
裾を絞って丈感をやや短くし、風でばたつきにくいように調整している

歩行を補助する特殊な構造や片手で着脱できる「フィドロック」というシステムなどの機能も魅力

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram