プロのコーデ 大人のデニム、今っぽい着こなしとは

《この写真の記事を読む》いま大人に似合うデニム 淡色アイテムと爽やかコーデ

MAIDENS SHOPスタッフの山田和弘さん
「デザイン性が高く、着こなすのが難しいトップスも、デニムパンツと合わせるとしっくりくることがあります。アイテムが持つ安心感によるものかと思います」
ジャケット 4万9500円(カミエル フォートヘンス)、ニット 3万800円(アンデルセン アンデルセン)、パンツ 6万6000円(ヘドメイナー)、シューズ 3万5200円(クイルプ)
セーラーカラーのような四角形の襟が特徴
ブランドオリジナルのデニム生地と上質なレザーを用いた、ポーランドの職人によるQUILP(クイルプ)のサンダル

裾をタックインするならブラウジング(少し裾を出してたるませること)させるのがコツ
シャツ 2万7500円 (インディビジュアライズド シャツ)、パンツ 4万9500円(スタジオニコルソン)、シューズ 5万7200円(ユッタ ニューマン)、ブレスレット20万3500円(ジルプラットナー)、ネックレス(私物)
トップス、ボトムスとも絞りがなく、横幅の広いシルエット
高級レザーブランドJutta Neumann(ユッタ ニューマン)のサンダル。素材には高品質かつタフなラティーゴレザーを使用している

「自然」をテーマにしたアクセサリーを中心に手がけるJILL PLATNER(ジル プラットナー)のバングル。編み糸には水に強い特殊素材を使用している
シャツ 4万700円(カミエル フォートヘンス)、パンツ 4万4000円(アーペントル)、サングラス 6万500円(レスカ ルネティエ)、シューズ 5万7200円(ユッタ ニューマン)
襟元は第3ボタンまで開けて大胆に。ポケットに差したサングラスがリラックス感をプラスしている
左足をロールアップ。右足と比べて、シルエットの細さが強調されている