「おしゃれの達人」はどこが違う? 装いの極意に迫る

《この写真の記事を読む》ショーケン、谷原章介…カッコよさ際立つ達人に学ぼう

ドラマに司会に引っ張りだこ。「めざまし8」のキャスターとして朝の顔に(c)フジテレビ
日曜昼の「パネルクイズ アタック25」では親しみやすいブレザースタイルが多い=ABCテレビ提供
クレリックシャツも似合う。解答者に合わせてスタイルを変えるというから驚きだ=ABCテレビ提供
コンサートで歌う萩原健一さん。役者としても歌手としても活躍し、いつの時代も格好いい男性のファッションアイコンだった(1982年)=共同
「太陽にほえろ!」に出演していた頃。長髪のマカロニ刑事のヨーロピアンスタイルにだれもが憧れた=共同
スーツの着方も時代によってさまざまだった。記者会見で笑顔を見せる(1996年)=共同
「軽めのしゃかしゃか系ジャケットが好きです。インナーをニットにして冬場も着ますよ」と話すメルカリ上級執行役員の田面木宏尚さん(東京・港のメルカリ本社)
こちらのジャケットはもっとも好きなブランドN.HOOLYWOOD。軽さと形が気に入り、色違いでよく着ている
左上のモバイルケース(ルイ・ヴィトン)以外はすべてポーター。PCを持たないときはグレーのミニバッグだけで動く。仕事に欠かせないバックパックは一度紛失して同じモノを買い直した。右下のポーチはサウナ用
「コンビニエンス ウェア」のロゴが入ったラインソックス。「ブランドのシンボリックな存在としてどうしても作りたかったのがコレ」と話す、ファッションデザイナーの落合宏理さん(東京・港のファミリーマート本社)
「コンビニエンスウェア」の商品は「心がポジティブになるように」とカラフルな色も使われている。エコバッグ(539円)、今治タオル(同)、トランクス(649円)、アウターTシャツ(1089円)など
自身のブランド「FACETASM(ファセッタズム)」でパリコレ参加を続け、NBAのラッセル・ウェストブルック選手とのコラボスニーカーも話題に。「バスケスタイルが好きです。服好きのラッセルと出会い、お互いをリスペクトしながら作ったからいいシューズになりました。コラボは双方に熱量がないとね」。この日はいていたのは、ナイキのスニーカー
「服装の自由化なら、スーツを自由に着ればいい。スーツは遊べるんです。楽しいですよ」と話すAOKIホールディングス社長の青木彰宏さん(横浜市の本社) 
柔らかいオリヒカのジャケパンスーツをタイドアップ。今風のこなれた着こなしだ(横浜市のAOKI横浜港北総本店)
左にあるのがパジャマスーツ。「私は寝るときもスーツです……と言える快適スーツです」
しゃれっ気満点のディナー・ジャケットスタイル。石津謙介さんは、遊びを取り入れた正装がお手の物だった 撮影:関戸勇 石津事務所提供
タイドアップしたスタイルで並ぶ石津祥介さん(右)と塁さん。チェック柄のネクタイをスーツに合わせて遊ぶ

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram
NIKKEI STYLEは日本経済新聞社と日経BPが共同運営しています NIKKEI 日経BPNo reproduction without permission.