Fashion×Analytics ビジカジ向きのカジュアルシャツ

《この写真の記事を読む》ジャケット感覚で着てもOK ビジカジに注目シャツ3着

ビジカジにはシャツのおしゃれが欠かせない
リラックス感のあるシルエットだが、襟のボリュームは控えめ。生地には肌触りのよさや防縮性を高める「液体アンモニア加工」を施している。チャコール、サックス、ホワイトの3色展開。 ADAM ET ROPE' スタンダードシャツ / 1万780円
胸ポケットやステッチなどのディテールを極力排除し、ミニマルに仕上げている
色違いのサックスをタックイン。上品な印象だが、ベストのサイズ感で遊び心も演出している
ビジカジでも使えそうなノーカラージャケットとのコーディネート

熊本県を拠点に、主に九州地方の伝統技術を生かした日常着を手がけるブランドの一着。台襟なしのレギュラーカラーシャツは同ブランドの定番だ。生地は福岡県で織られたオリジナルの生地を採用。 SOWBOW / 蒼氓シャツRegular Collar 2万6400円
有田焼を手がける工場が製作した陶器製のボタンもユニーク。縦横に入った織り柄もさりげないアクセントになる
裾にスリットを入れることで、ポケットにスムーズに手が入れられる
素材感が際立つ、ゆったりとしたシルエット。季節感のある淡い色味のコーディネートも魅力的だ

アメトラスタイルの礎を築いた存在として幅広く愛されているポロラルフローレン。軽やかな薄手のシャンブレーシャツ。すっきりとしたバンドカラーの仕様はEDIFICE限定だ。POLO RALPH LAUREN / 限定バンドカラー シャンブレーシャツ 1万8700円
ヴィンテージでよく見られる猫目ボタン(糸の通し穴に猫の目のようなだ円形のくぼみがあいたもの)を採用
ネイビーのブレザーとの相性は申し分ない。ボタンを全て留めればかっちりした雰囲気に
ボタンを開けて羽織る、ややラフなスタイリングも楽しめる


SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram