プロのコーデ 楽々おうちウエアで外へ、大人の着こなし

《この写真の記事を読む》快適、おしゃれ リラックスウエア 外出時はどう着る

Le Dome EDIFICEルミネ横浜店の山田慎平さん
「着心地のよさは備えつつ、装うことの楽しみも味わえるような服を提案しています」
トラディショナルなアイテムセレクトを強みとするエディフィスだが、リラックスウエアも豊富に展開。幅広いカラーのパーカーもそろえている
パーカー 2万4000円(エディフィス)、パンツ 1万8000円(エディフィス)、スニーカー 9000円(ナイキ)
フードとウエストの紐には霜降りグレーの素材を使用
外に出かけるなら腰丈のコートと合わせたスタイルがおすすめ(写真はエディフィスの一着、3万8000円)

ジャケット 5万2000円(デサントオルテライン)、ニット 1万2000円(エディフィス)、パンツ 1万2500円(エディフィス)、スニーカー 1万3000円(アディダス)、バッグ 2万2000円(マッキントッシュ×ポーター)
脇部分やフロントジップには内側の熱を逃がす役割も。雨の浸入を防ぐ止水ジップを採用し、フードは襟に収められる
はしごのような柄が特徴のニット。アウターを脱いだとき適度に「主張」してくれる

マッキントッシュとポーターがコラボしたサコッシュ
リサイクル素材を使ったスタンスミスの1足

コート 3万8000円(エディフィス)、カットソー 1万円(エディフィス)、シャツ1万5000円(エディフィス)、パンツ 1万8000円(セラードアー)、スニーカー 1万4000円(アディダス)、バッグ 5500円(バブアー)
スエットの脇のジップを開けてスリットを作れば、インナーの柄を見せられる
シューズも中間色で統一。サイドに配された金色の「SUPERSTAR」の文字がアクセントに


SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram