Fashion×Analytics 気分一新、大人の財布は「ミニ」

《この写真の記事を読む》目を引く最新「ミニ財布」 胸ポケットに収まる薄さ

かさばらないミニ財布。取り出したり、しまったりもスムーズ
2007年にスタートし、革製品などを多く手がけるブランドの一品。アメリカで100年以上続く老舗タンナー、ホーウィン社製の素材を使用している。Butler Verner Sails / HORWEENレザーミニウォレット8,360円(税込み)
カードが5枚前後入り、コインポケットもついている
日本製を貫くブランド。縁の部分の仕上げも丁寧だ

デザインから製造までオランダ国内で手がけるSECRIDのウォレット。カードを7枚前後収納することができる。JOURNAL STANDARDでは計6色を扱う。 SECRID / CRISPLE 1万1000円(税込み)
写真左下のレバーを引くと、中のカードが少しずつずれた状態で飛び出す。スナップボタンを閉じたままでも簡単に取り出せる。容量は5枚程度
レバーで取り出さない分のカードは右側のスペースにも収納できる

関氏のおすすめは鮮やかな色味が特徴のグリーン
最小限の素材で最大の空間を作り出す「ジオデシックドーム理論」に基づいたデザイン。斬新なフォルムと伝統的なブライドルレザーの組み合わせがユニークな一品。計5色展開。POKIT / BRIDLE PURSE(S) 2万3100円(税込み)
牛革をベジタブルタンニンでなめし、蜜蝋(みつろう)とワックスで仕上げたのがブライドルレザー。使い込んでいくと色合いが徐々に変化していく
パンツの後ろポケットにスッポリ入るサイズ感。内部にはお札やカードだけでなく、小銭を入れるスペースもある


SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram