春の陽気に誘われ、家族で遊びたい公園 東西20カ所

春の陽気に誘われて家族と気軽に出かけるのにもってこいの場所のひとつが公園。予約なしでふらりと寄れて入園料などが無料のところも多い。そこで東日本と西日本にわけて専門家に家族連れが一日遊ぶのに向いているお薦めの公園を聞いた。

<東日本>

1位 国営ひたち海浜公園(茨城県ひたちなか市) 520ポイント
■至る所に大きな花畑 大規模な花畑が魅力。約190ヘクタールの園内各所に大きな花畑が配置され、四季折々の草花が目を楽しませてくれる。春はチューリップなどが楽しい。公園のシンボルになっている翼のゲートがある「西口エリア」や、丘の上から太平洋を見渡せる「みはらしエリア」など7つのエリアに分かれ、「プレジャーガーデンエリア」には高さが地上65メートルの大観覧車やジェットコースター、パターゴルフのコースなどもあり、子どもから大人まで楽しめる。
「1日ですべてのエリアを回るのは無理。テーマを決めて訪れるのがおすすめ」(有木美紀代さん)、「起伏が少ないので広がりを堪能できる。海も見え、心がすっきりしそう。自然素材の遊具もあり、自然観察以外にも様々な楽しみ方ができる」(須磨佳津江さん)(1)午前9時半~午後5時※(2)400円(小中学生80円)(3)(電)029・265・9001(4)常陸那珂有料道路「ひたち海浜公園IC」


2位 葛西臨海公園(東京都江戸川区) 340ポイント
■大観覧車で空中散歩 東京湾に面した水辺の公園はマグロの回遊が見られる水族園で有名。緑と水と人とのふれあいをテーマに1989年にオープンした。人工渚(なぎさ)を備えた葛西海浜公園も隣接している。「日本一の観覧車からの絶景も最高」(雨宮健一さん)(1)入園自由(2)無料(3)(電)03・5696・1331(4)JR京葉線「葛西臨海公園」駅


3位 国営昭和記念公園(東京都立川市・昭島市) 330ポイント
■巨大な遊具で遊ぼう 東京ドームの約39倍の広さ(約180ヘクタール)があり、7色でカラフルな「虹のハンモック」など巨大遊具も充実。「中央に1本のけやきがそびえる『みんなの原っぱ』は最大の魅力」(入江彰昭さん)(1)午前9時半~午後5時※(2)400円(小中生80円)(3)042・528・1751(4)JR青梅線「西立川」駅


4位 浜名湖ガーデンパーク(浜松市) 290ポイント
■遊覧船に揺られゆったり 2004年の「浜名湖花博」の会場を再整備した静岡県営の公園。4月5日から開催の「浜名湖花博2014」の会場にもなった。「遊覧船に乗って楽しむのもお薦め」(じゃらん編集部)(1)午前8時半~午後5時※(2)無料(3)053・488・1500(4)東名高速「浜松西IC」


5位 国営アルプスあづみの公園(長野県) 270ポイント
■田園風景美しく 公園は北アルプスの麓に2地域ある。「今春開設の安曇野の民話をモチーフにしたエリアも魅力的」(森本千尋さん)(1)午前9時半~午後5時※(2)400円(小中生80円)(3)(電)0263・71・5511、0261・21・1212(4)長野自動車道「安曇野IC」


6位 国営越後丘陵公園(新潟県長岡市)
(1)午前9時半~午後4時半※(2)3月中は無料(3)(電)0258・47・8001


7位 新宿御苑(東京都新宿区)
(1)午前9時~午後4時(2)大人200円、小中生50円(3)(電)03・3350・0151


7位 モエレ沼公園(札幌市)
(1)午前7時~午後10時(午後9時まで)(2)無料(3)(電)011・790・1231


9位 とちぎわんぱく公園(栃木県壬生町)
(1)午前8時半~午後6時半(2)無料(3)(電)0282・86・5855


9位 代々木公園(東京都渋谷区)
(1)入園自由(2)無料(3)(電)03・3469・6081


エンタメ!連載記事一覧
注目記事
エンタメ!連載記事一覧